2016年11月08日

ライブDVDの編集に携わって感じた危機感。


先日、後輩Pが困っていたので某バンドのライブ映像の編集をやってあげたのだけど。


カメラマンのアングルが下手過ぎて
「なんだこれ学生が撮ったのか???」と愕然とした。


思えばいまの20代の映像カメラマンはCD不況の中育っているわけで。

とうぜんライブ映像の撮影を経験したことある人材も少ない。

そりゃ〜素人みたいな「使えないアングル」ばかりを撮ってきてもおかしくない。


ああ、こうやってエンタメコンテンツの質は低下していくんだなぁと実感した。


ということで、今度若手を集めて勉強会をすることにした。

自分が声かけて集められる人間ぐらい、ノウハウを伝達するのも半分隠居した私の努めかなと。
posted by サムライX at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

新しいアイドルユニット・・・というかアイドル運営のコンセプト


今日は久しぶりに大手広告代理店の部長さん2人と
芸能プロダクションのチーフマネージャー2人と私で合計5人で飲んだ。

4人はそれぞれ別会社で、「意見交換会」という名目で集まる同業者の情報交換会だ。

なぜこうした同業他社との情報交換会なんてものを行なうのかというと。
私を除く4人は50代で、大手とはいってもサラリーマンなので業界内の動きに神経をつかっている。
保身のための情報収集だったりするし、そろそろリストラだったり独立だったりで「大手の看板を下ろした第二の人生」を考える年齢の人たちだから。


そんな人たちにとって、一人で作曲家の手配、ジャケットデザイナーの手配、衣装デザイナーの手配、ダンス講師の手配、レコーディングの手配、CD生産の手配、全国流通の手配、ネット販売&配信の手配、音楽雑誌メなど紙媒体への手配。ライブイベントへの手配。と1から10まで一人でできる私のような人材はぜひとも味方として手札に加えておきたい人材だろう。

あげくV系とアキバ系につよく、英語が堪能でアジア華僑グループをクライアントに抱えているのだから。

私という手札はかなり強いカードなのだ。


そんなわけで業界の最前線を退いてもお声がかかる。

べつに私が人間的に愛されているわけではない。

彼らにとって私が「利用価値のある人材」だからに過ぎない。

業界の最前線で戦ってきたかれらに「計算」抜きで愛されるほどの人格者では、私はない。



で、けっこう酒が進むと「ほんとにこのまま隠居し続けるのか?」とかそんな話になる。


ここで私もリップサービスで「○○さんが独立するなら全面的に協力しますよ」なんて
彼らが欲しがる言葉はわかってても言ってあげない。

私にとっては別に彼らは「利用価値のある人材」ではないから。

年上なので一応、敬意は払うが、服従はしない。

そうする価値がないのではななくて、そうする意味がないから。



そうして私は確信となる返答をはぐらかしつつ酒の席は進む。


そして出てきたのがやはりこのご時勢。
アイドル関連の企画だ。


ああだこうだと意見を求められて、いろいろと答えていたのだが
ふと面白いことを考え、こう口にしていた。

「候補者と面接するときから交通費を支給して、所属になったら交通費はもとより衣装代からなにからすべてを全額負担!レッスン代も無料!女の子にはいっさい経済的な負担はさせません!ってのをコンセプトにするのはどうすか?wwwそれなら俺、参加してもいいですよwwww」

まぁ世の中にはレッスン代と称して夢を持つ若者から搾取する事務所やスクールが多い。
それが大嫌いなのは過去にたくさん書いてきた。


じゃあその嫌いなスタイルをとる2流、3流の事務所なり団体なりへ、ケンカを売る意味で。

もう最初から最後までいっさいお金の負担をさせないアイドルユニットの運営だったら。
おもしろいし。俺が手を貸す価値もあるのかなぁとおもったしだい。

肝心のそのお金をどうするのかって?
大丈夫、最初は私が自腹を切ればいいのだし。
いざ私が動いたとなれば企画書もなしに2000万、3000万はポンと出してくれるクライアントもいる。

プロデューサーの価値はお金を用意できるかいなかで決まるといってもいい。

そういう意味では一声かけて数千万を動かせる私はまだまだ戦闘力のあるプロデューサーだ。



そのうちこのブログで募集要項を発表するかもなので
その時はツイッターなりSNSなりで拡散よろしくお願いしますwww


posted by サムライX at 01:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

ああもう本当に

森岡賢さんはいなくなってしまったんだなぁ


なんどもなんども

負けそうなときに

力をくれたのは森岡さんだった


ルナフェスの時の笑顔が忘れられない



いろいろ考えても
悩んでも

なかなか答えが出ないのに
森岡さんもういないんだよな


あ〜〜〜もう



俺には何もできないって自分に愛想つかせたら楽なのに


どうしても心の根っこが折れてくれない



それが痛みを伴おうと
危険を伴おうと

何かを失おうと



胸にある思いは変わらない。折れない。忘れない。逃げれない。

おかしいなぁ
おかしいなぁ

若いころはおっさんになったらもっとこう
平坦な精神状態で生きてるもんだとおもったのによう。

ぜんぜん悩むよ。

同じところぐるぐるするよ。


なんで同じとこ回るんだろうと考えたら
こたえは簡単だ。

唯一の出口から目を逸らしてるからだ。


つまらない大人になったな。

こうやって目を逸らして年老いてくのかっこ悪くねぇ???

その現実を俺は許容できるのか?

できないだろうなぁ・・・


できるぐらいなもっと楽な生き方選べてたんだよなぁ・・・。



ちくしょう!

おっさんになってもいまだに自分の生き様変えれねぇよ

ってことはだ

これはジジイになっても変わらんぞ


ああもう



最初から逃げ道なんてなかったんじゃないか。



ほんとはね


もっとこう毅然としたおっさんの姿を次の世代の君たちに見せたいって気持ちはあるんだよ。
じっさいそうしようと思えばできるよ。書かなきゃいいだけだもの。

でもさ、匿名で書かせてもらって。
さらにはこうしてまた更新を再開させてもらって。

そこまでさせて貰ってるのに、綺麗事しかかかないのも嘘くさいなって思うんだ。

悩んだり弱ったりする姿を見せるほうが嘘がないっておもうんだ。



俺は1度リタイヤしてから弱くなったと思う。

でもそれが嘘のない事実だからちゃんとさらけ出さないとなと思う。

ご理解いただけたら幸い。
posted by サムライX at 02:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする