2017年12月10日

親の心、子知らずとはよく言ったもので。


先日のこと長年育ててきた作曲家が私の逆鱗に触れた。

半年ほど前から注意、指導してきた事を改善せず。
あげくそのことで問題が発生したにもかかわらず、私への報告は後回しで
友人とラーメンを食べにいくしだい・・・。

ずいぶんと舐められたものである。
私が大嫌いなのは、舐められるのと、同じことを何度も言わされることだ。


さすがに日頃は温厚な私も「ああもうこいつだめだ」と。

「はい、もう君いらない」と切り捨てることを宣言。


これに大騒ぎしたのは周囲のスタッフや広告代理店の重役たちだ。

なにしろこの作曲家は私の「右腕」と周囲に評価されている。

じっさい右腕だ。

その右腕を私が自ら切り落とすと言ったものだからさあ大変。

たくさんの人から「思いとどまってください!私からちゃんと言ってきかせますから」と言われた。

「言って聞かすとはなんだ?俺が何度も何度も指導してきて改善しないやつだぞ?いまさら信用できるか!子供のあそびじゃないんだぞ!あいつには覚悟がたりん!」と言い返した。

で、結局、私の父親と同じ年の広告代理店重役さんまで登場して私に頭を下げてくるしまつ。
「彼にもういちどチャンスを与えてあげてください」と。

父親と同じ年にこんなんされたら、私だって引かざるをえない。
ここで引いたことに「俺も大人になって丸くなったな〜」と思う。

過去にはCDがいよいよ明日発売ってタイミングで発売中止にした事もあるぐらい
私は「こいついらない」と思えば、自分がどんなダメージを喰らうことになったとしても切り捨ててきたから。
実際、前日に中止ともなればそれはもう大変なのだ。
流通問屋にも販売店にも謝罪して、レーベルとしても信用にも傷がつく。
それでも私は断固として切り捨てて来た。

私がそういう人間だと知っている周囲の人間が
それでも「彼にもう一度チャンスを」と食い下がってきたのだから
彼は幸せ者だ。

親離れ、子離れ、という言葉が頭をよぎる。

彼は私の右腕として長年そばにいたから、どうしても甘えがでるのだ。
今回の件も、本人はまさかこんなおおごとになるとは、自分が私の逆鱗にふれるとは思ってもみなかったフシがある。

親離れという意味で、すこし距離を置いてみようと思う。
彼との連絡は間に別のプロデューサーをおいて。
私と直接やりとりはできないようにした。

もちろん裏をかえせば、私の子離れのためでもある。
どうしても彼に対する期待から「なんでこんな簡単なことができんのだ!」とイライラしてしまう。

私の体が動くうちに、私の名前が業界内で力をもつうちに・・・彼を一人前に育てなければという責任感も、過度のプレッシャーを彼に与える原因になりうる。

べつに彼が一人前になるのが大事であって、私が指導することが大事なわけではない。

今回の件はよいきっかけだろう。


こんなこと書いてる今だって、彼はちゃんと私を思いとどまらせるために奔走してくれた周囲の人たちにお礼を言ったのだろうか?とか気になって仕方がない。


これでキチンとお礼を言ってなかったら・・・また激怒してしまいそう・・・いや激怒するな。

ってことで、いまは距離をおくほうがいいのだ。

俺の庇護がない状況で頑張ってみればいいのだ。
それで業界を去るならそれもまた良し。
しょせんはその程度の人材だったというだけのこと。

成長して一人前になるならそれもまた良し。
多くの人の心に届く曲を世にはなってほしいものだ。



posted by サムライX at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若手ディレクターとクオリティについて、ああだこうだともめるwww


とある新人Voの録音を担当したディレクターが
今回のレコーディング音源はNGにしてレコーディングしなおしたいと
恥知らずなことを言ってきて笑ってしまった。

プロの世界ではこんな恥知らずなことはない。

例えるなら、レストランの料理人がだ。
用意された食材で客に提供するレベルの料理を作れなかったから
レストランオーナーに再度、食材を入荷(当然、それにはお金がかかる)してくれと頼んでくるようなものだ。

これがどんだけ恥知らずなことで、プロと呼べるものではないということがお分かりいただけると思う。

甘いなぁと思う。

そりゃあね、コストを考えずに味だけ追求するなら、美味しいもの作れてあたりまえなんですよ。

でもね、そんなんは有名料理人になってから言えと思うのです。

世界中の料理人が100%満足できる食材で料理してるわけないじゃないですか?

みんな自分に与えられた食材、選べる食材のなかで、美味しくしようと頑張っているわけです。

ミュージシャンはプロ、アマチュア問わず「クオリティ」という言葉に逃げます。

こだわるとは言いません。

逃げるのです。

結果がすべてのプロの世界において、クオリティという言葉を大義名分に。

結果をだせない現実から逃げるのです。


はっきり言いますけど、下手でもクオリティが低くてもいいから、行動を起こしなさい。

アクションを起こしてもいないのに、リアクションを期待するのは子供の遊び。

いま自分が置かれている現実が、願ったものでないなら。
まずはアナタが変わりなさい。

アナタが変われば、アナタをとりまく現実は変わります。
もちろん未来も。

願った未来を手にするのは、運がいい人とかそんなんじゃなくて。
願った未来を手にするのに値するアナタになった時です。

現実なんてものは、後からついてくるんです。いつだってね。


クオリティにこだわるのは、有名になるか、大金を手にしてからで遅くないです。

有名な料理人は、有名になる前から、高級食材が使えるようになる前から
厨房で自分にできることを必死にがんばって1流になったのです。
失敗することも。
クレームを言われることも。
悔しいおもいも、痛い思いも。

全部乗り越えて、1流になります。

クオリティという言葉に逃げないで、行動をおこしてください。

行動にさえ起こせば、かならず応援してくれる人は出てきます。

もちろんマイナスな言葉を投げてくる人も出てきます。

だけどもプロになりたいのなら。

マイナスな言葉をおそれて殻に閉じこもるのではなく。
応援してくれる人が出てくる方法を選んでください。


その時にアナタが選ぶんです。

マイナスな言葉を投げかけてくる無責任な誰かの言葉を信じるか。
自分では満足いってない作品でも応援してくれる人の言葉を信じるか。



夢はかなわないという大人がいるなら「はいはいそうですね」と聞き流せばよい。




俺は言う。

夢は叶うんだから行動を起こせ。

posted by サムライX at 02:23| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

芸能マネージャーのSNS疲れが半端ない


芸能プロダクションのマネージャーのSNS疲れがひどい。
見ててかわいそうになるぐらい。

もちろん自分のSNSじゃなくて、所属タレントSNSを確認したりの作業で疲弊しているのだ。
ツイッターのみならずインスタやライブ配信系。
さまざまなSNSで露出をはかればはかるほどチェックしないといけない分野がふえるわけで。
炎上しないように神経を尖らせてて、疲れ果ててる。


毎回毎回チェックしても、黙って裏垢作られたらどうしようもないし。
まして私生活まで監視するわけにはいかないし。

それで不祥事でも発覚すればまっさきに責任を問われるのがマネージャーなわけで。

なんだかはたからみてて不憫でしょうがない。

相変わらず地下アイドルグループは乱立してるけども
大手事務所が近年アイドルグループから手を引き始めてるのは
マネージャーが担当したがらないっていうのが1番大きな理由だと思う。


それと副産物的に、「丸投げプロデュース依頼」が増えてきてる。
音楽活動はさせたいけど、そこまで手が回らないってマネージャーさんから
「お任せするんでお願いします!」ってのがね。

アイドルに曲を提供したい作曲家で、ブランドイメージからメディアプロモーション、DL配信まで管理できる能力がある人は、営業かけるにはいい時期かもしれないね。

そう!今の時代、曲を提供するだけではお金にならないと思う。
事務所側にCDリリースする体力もDL配信とプロモーションまでやる知識と人材が無いからね。

だから私のところに相談がいくつも来るのだろうし。

そんなわけで若い作曲家くんは自分の曲をダウンロード販売して
経験値を積んでおいたほうがいいよ。

曲作り、レコーディング、DL配信、宣伝・・・これらが一人でできれば仕事はドンドンくるよw

がんばってね!


posted by サムライX at 16:21| Comment(2) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする