2011年04月30日

INORANさんのソロライブに行ってきました。


今日はINORANさんのソロライブに行ってきました。

自分でチケットを取って見に行くライブは久しぶりで
なかなか緊張しました。


関係者に顔バレするのが恥ずかしいのでニット帽で顔を隠しぎみにして会場入り。


お客さんの男女比は男性の2の女性8ぐらいでしょうか。
思ったよりも男性が多いなというのが正直に感想です。


いざINORANさんのライブが始まると、まずはそのメンバー編成に驚かされます。
バンド構成は、ヴォーカル&ギターのINORANさん。
それにベース、ドラム、キーボードの3人。
合わせて4人編成でした。


INORANさんの特徴である繊細で美しい旋律を積み重ねるというのがありますので
まさかサポートギターもなしで、最小編成のバンド構成でライブを行うとは思いませんでした。

しかしながらシンプルな編成でも、そのパフォーマンスは凄いの一言。
音圧やアレンジ面での不安はまったくの杞憂でした。
最新CDのコンセプトである「バンドサウンド」を高い演奏力で表現していました。

ここで垣間見れたギタリストとしてのINORANさんの実力は
LUNA SEAのINORANさんしか知らなかったことが悔やまれほどです。

たしかな演奏力で客席を魅了していました。

ライブの前半は妖艶でラウドなベースと
INORANさんのかき鳴らすグランジとも言えるギターサウンドが音の壁となって迫ってくるグルーヴィなパート。

フェンダーのジャガーをかき鳴らしながらボーカルを取るINORANさんはカート・コバーンのように見えました。




中盤で披露した名曲「千年花」では、INORANさんを、そしてヴィジュアル系という言葉で
食わず嫌いしている人間にぜひ聞いてもらいたい、すばらしいものでした。




この千年花が唯一のバラード路線。

その後もニルヴァーナを彷彿させるバンドとしての熱いうねりで突き進みます。

過去に発表したミドテンポの楽曲も今回のライブに合わせてアップテンポにアレンジしなおされ
思わずニヤリとしてしまうサプライズもありました。


今回のツアーはまだまだ続くようですから
ギターでプロを目指す若いミュージシャンにはぜひ見てもらいたいライブです。







さてここまでは好意的な意見。
ここからはマイナスの意見です。


まず今回の4人編成のアレンジではCDでINORANの世界観を好きになった人には。
それを期待して聞きに来た人には、ちょっと厳しかったのではないかということ。

このブログでもたびたび紹介してきた動画で聞く音楽とは完全に別物でした。

上記のアマゾンリンクで紹介している最新作を聞いていれば
音楽性の変化も予測がつきますが・・・古くからのファンには評価が真っ二つに分かれそうです。

それとライブの時間が短すぎるということ。
6000円のチケット、1時間15分のステージ。
アンコールも無し。

ちょっと・・・これではファンが可哀想というか・・・。
せっかくキーボードにLUNA SEAのシンセパートを担ってきた菊池さんがいたのだから
もう少しライブ内容のヴォリュームUPができたのではないかと思います。


それとこれはレコード会社のキングレコードへの不満なのですが。
もうすこし新規のファンを増やす努力をするべきではないのかと言うことです。
ソロアーティストであるINORANさんの力量は本物であるにも関わらず。

まるで「LUNA SEAのファンにだけ売れればいいや」と言わんばかりの販売戦略には閉口します。

キングレコードさんはCD不況の中でも、アニメソング枠が好調で
近年でも売り上げを伸ばしている稀有な会社です。

であるならば、しっかりと販売戦略を練り、実行してほしいものです。

LUNA SEAが再始動して、そのレコード会社はavexです。

avexがお金をかけてLUNA SEAを売り出してくれれば、結果として
INORANのソロCDも売れる図式なわけですから・・・。

まったくもってキングレコードさんはおいしいポジションです。
だからこそ手を抜かずにしっかりと力をいれてもらいたい所です。

すでに既存のファンでビジネスが成り立つINORANさんよりも
まだヒットに恵まれない新人に営業力を集中したい気持ちもわかりますが・・・。

非常にもったいないことです。







posted by サムライX at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

椎名へきるさんとINORANさんのライブで感じたこと



LUNA SEAのINORANさんが香港でソロライブを行った時に

自身のソロライブであるにも関わらず、LUNA SEAの名曲を披露しました。


香港のファンはLUNA SEAのライブに参加したことがある人は少なかったと思います。

待ち焦がれていたLUNA SEAメンバーのライブに会場に詰め掛けた香港人は
音楽を純粋に楽しみにしている人たちだったと思います。

当時はLUNA SEAは終幕(解散)していましたから。

INORANさんのライブでLUNA SEAの名曲が聴けるとは夢にも思わなかったでしょう。

この動画ではその驚きと感動がひしひしと伝わってきます。

歓声を上げることになれてない。おそらく大声を出すことになれてない。
でも、それでも叫ばずにはいられない・・・・純粋な音楽への衝動が、この動画にはしっかりと写りこんでいました。



この不器用でも、待ち焦がれた、憧れたアーティストの音楽に生まで触れることができた喜び。

この初期衝動に突き動かされた感情。


過去に声優としてはじめて日本武道館でライブをした椎名へきるさんを思い出しました。


このときの客席は全員で手拍子をうっていたのですが
その手拍子が、曲のリズムとずれていて、とてもへきるさんは歌いにくそうだったのですが
やはりライブになれてないけども、純粋な思いを手拍子にこめてくれた
客席からの熱いエネルギーに私は感動しました。



不器用でもいいのです。
どんな表現方法でも、感動した気持ちを表現してくれる。
そんな客席をみて、私はとても感動しました。

香港のファンのために、あえてLUNA SEAの曲を歌ったINORANさん。
その心意気に答えるかのように、必死に声をだす客席。

音楽の持つ力を再認識させてくれたと思います。

消耗品としての音楽CDがはびこる昨今ですが
ライブ会場での歌い手と客席の心の交流はなにものにも変えがたいと思います。



芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


imageauditionpass330.jpg

私のもつ芸能界成功ノウハウを限定公開します。
芸能界を目指している人にぜひ読んでもらいたいです^^


プロが教えるオーディションに合格する魔法のマニュアル
posted by サムライX at 02:16| Comment(0) | オススメリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

AKBよりもハロプロの方がエンターティナーとして優れていると思う理由。


アイドルとしてどうこうではなくて。

あくまで有料のチケットを売り。
公演を行うという観点から

どちらがエンターテイメント、エンターティナーとして
お客様に対して、高いパフォーマンスを発揮しているかという点で
プロデューサー視点で考えるならば

私は完全にハロプロの圧勝だと考えます。

ここ数年、ハロプロのライブは見ていなかったのですが
先日、スマイレージと ℃-ute のコラボライブなるものを見てきました。


18.jpg


公演時間は2時間ほどだったのですが
驚かされたのが、ステージ上にいる9人の歌唱力とダンススキルの高さです。

しかも口パクは一切していなかった事が衝撃でした。
9人全員が同時に声を出す、掛け声などはマイクのボリュームコントロールが難しいので
レコーディング音源を同時に流していましたが
それ以外はメンバーの全員が、音声の差し替えなしで歌っていました。

しかもヒールのある靴で激しいダンスを踊りながらです。
それでいて息を切らしてゼーハーいう音はマイクに入らないように
しっかりと手元でマイクとの距離を調整する細かいスキルも感じました。

この段階でAKBさんとは雲泥の差です。


そもそも秋元さん自身が、AKBを立ち上げるときに
プロダクション各社に「歌唱力は問わないからとにかく踊れる子」という条件を出していたので
AKBに歌唱力を求めるは間違っているわけですが・・・。


では肝心のダンスの面ではどうでしょうか?


私はこちらもハロプロさんを方を高く評価します。

私が着目するのは、足の筋肉の付き方です。

AKBさんはメンバーそれぞれの足の太さがまちまちで。
太ももの筋肉と、ふくらはぎの筋肉バランスも個人個人でばらつきがあります。
メディアに露出する選抜メンバー以外の子の中には
明らかに筋肉のたりない、たるんだ肉質の子も何人かいますしね。
選抜メンバーとそれ以外でレベルが変わるのは仕方のない事かもしれませんが
それでも専用劇場のステージでは、お客様相手の公演をしているのですから。
やはり一定のレベルではいるべきだと思います。



その点、今回のスマイレージと ℃-ute のメンバー9人は
全員の足の筋肉バランスが良く、しかも筋肉量バランスが9人ほぼ同じでした。
つまり全員が、ほぼ同一のレッスン量をへて、ステージに上がっていることになります。


2時間弱のステージで、殆ど休憩もなく、
ハードなダンスをしながら歌い続けるパフォーマンス。

これは大人の男性でもなかなか出来ることではありません。

本当に凄いことです。


個人的には今回見させていただいたステージは
エンターテイメントの本場、ラスベガスに持っていっても通用するレベルだったと思います。
そっちのプロモーターにライブ映像を送ってみるのも面白いのではないかと思いました。


芸能ブログ 芸能裏話・噂


この日のライブがDVDになるそうです↓
℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春~℃&Sコラボレーション大作戦~ [DVD]

アイドルファンじゃない人に、ハロプロファンじゃない人にこそ見ていただきたいです。





imageauditionpass330.jpg

私のもつ芸能界成功ノウハウを限定公開します。
芸能界を目指している人にぜひ読んでもらいたいです^^


プロが教えるオーディションに合格する魔法のマニュアル
posted by サムライX at 12:00| Comment(0) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする