2012年06月27日

ライブのMCにあらわれた指原さんの天狗になっている感。



日本武道館で開催された「ゆび祭り」

そのアンコールで指原さんが松浦亜弥の「yeah! めっちゃホリデイ」を歌っている時に。
サプライズゲストではるな愛さんが登場しました。

そして「yeah! めっちゃホリデイ」が終わった後に
指原さんとはるな愛さんのトークがあったのですが

そこでの指原さんの発言に「どうりで天狗になっていると言われてるはずだ」と納得してしまう場面がありました。

「yeah! めっちゃホリデイ」で、はるな愛さんの歌声が聞こえてきた場面にたいして・・・
指原さんは「急に男の声が聞こえてきてびっくりしました!」と言ったのです。
急にオトコの声が・・・と。

普通、この場面ではアイドルだとか、控えめな女の子とか、自分に自信が持てない女の子というのは
「急に男性の声が聞こえてきて・・・」
急にダンセイの声が・・・と言うはずなのです。

さらに。

サプライズゲストが本物の松浦亜弥さんではなくて、はるな愛さんだった事に対して
指原「もしかしたら松浦さんの登場も・・・ってちょっとは期待したのに。なんで大西賢示(はるなさんの本名)なんですか〜〜」

自分のイベントにゲストで来てくれた人物。
年齢的にも、芸歴的にも先輩。

その人物に対して敬称なく。
いきなり芸名ではなく本名で呼ぶ。

笑いを取ろうとした意図があるにせよ、あまりにも失礼だと感じました。
はるな愛さんにたいする敬意が無いなと。

たしかにバラエティ番組ではるなさんを本名で呼び、笑いをとるやりとりは多々ありますが
それらの「本名いじり」をするのは芸歴も年齢もはるなさんと同等か、それ以上の中年芸人たちです。

まだ若く芸歴も浅い指原さんが「本名いじり」を行うのはやはり不敬に感じてしまいます。


これらの発言に私が違和感や不快感を感じたように
同じように感じた業界人は少なからずいることでしょう。

本来であれば、常日頃から礼儀を意識して立ち振舞って欲しいものですが
とくに気持ちが高ぶっているライブのMCや生放送では
その緊張感や高揚感から不用意な発言がでてしまいがちです。
そんな状況でこそ、人間の本質が垣間見えるものですから。
発言は十分に注意してほしいものです。


あ、余談ですが「急に男の声が聞こえてきてびっくりしました!」のくだりはTVで流れたそうですが
画面上のテロップでは「男」の部分を「男性」と表記してたそうです。

テロップ入れるスタッフさんが気を使ったんでしょうね。

でも・・・・。

テロップでわざわざ「男性」と修正するぐらいなら、そもそもその発言のくだりを
わざわざ放送する必要はないわけです。

にもかかわらず。

わざわざその場面を放送にのせるあたり・・・指原さんにたいしてどんな感情をもっているのか
察してあまりあるというものです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
にほんブログ村

posted by サムライX at 00:45| Comment(4) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

タレントさんが行方不明・・・霊園の収録で起きた怪事件。


ちょっとだけ怪談の季節には早いのですが

霊園での収録でおきた事件を書こうと思います。


ほんの数年前の出来事なんですが

某霊園にて番組のロケがありました。

その番組に出演する女性タレントさんは車の免許をとったばかりで
運転がしたくてたまらない時期。

収録現場の霊園にも自分で運転してくるとのこと。
カーナビがついてるので道にもまよいませんよ!と自信満々でした。

そしていざ収録当日。

集合時間になっても女性タレントさんが現れません。
確認のためにマネージャーさんに電話をしてみるとおかしな返答が
「本人はもう霊園に到着していると言っているのですが・・・撮影スタッフさんが見当たらないと言っています」とのこと。

その返事をうけてスタッフみんなでタレントさんを探します。
そこはそれ、なにしろ霊園ですのでけっこう敷地が広いのです。
スタッフで手分けをして探すもぜんぜん見つかりません。

「もしかして単純に遅刻か??もう付いてるなんて言い訳なんじゃ??」
そんな考えがスタッフの頭をよぎります。

ところが当の本人から電話が来ました。
電話の向こう側からかなり不機嫌な様子が伝わってきます。

タレントさん曰く、「いったいいつまで待たせるの!みんなして遅刻なんておかしいじゃない!!」と。

その剣幕にはとても遅刻の言い訳で
すでに現地到着しているなんて言いだしたわけではないのが伝わってきます。

本人はもう霊園に到着して、駐車場の車の中で待っていると言います。
でもスタッフが駐車場を見に行くとそんな車は停まっていません。

いったいこの状況はなんなんだ??と困り果ててしまいました。

じつはその霊園というのは多磨霊園です。

たしかに広い墓地ですが、さすがにスタッフ総出で探して見つからないなんて程ではありません。

そしてタレントさん、マネージャーさん、番組スタッフが電話を交わしながら
必死にタレントさんを探します。

それでも見つからずに現場の空気は最悪。
電話の向こうの女性タレントさんの機嫌も最悪。
現場に駆け付けたマネージャーさんも困惑。

この段階で集合時刻からすでに1時間が経過していました。

「ほんとに多磨霊園にいるのか?」
「じゃあいったいどこにいるんだ?」
「まさかこの時代に神隠しでもあるまいに」
「でもどこにもいないじゃないですか!」

大の大人が不機嫌さを隠しもせずに怒鳴りあうほどになりました。

そして霊園の管理事務所に、まだ探していない駐車場があるのかと危機に行っていたAD君が
大急ぎで走って戻ってきました。

「もしかしたら多摩霊園のほうかもしれません!!!」

「もしかしたらもなにもここが多磨霊園だろうがよ!!」

「いえ!じつは漢字がちがうもう一つの多磨霊園があります!!!」

「は???」

「響きはタマレイエンなんですけど、漢字違いで近くにもう一つあるそうです!!」

「なにぃ!!!!!!」


そうなんです。

じつは多磨霊園の近くには多摩霊園と漢字が微妙にちがう場所があり・・・。


その女性タレントさんはカーナビに目的地を入力するときに
文字入力で「たまれいえん」と入れたのです。

そして候補として上がってきた1番上の「多磨霊園」を目的地にセット。

でも収録があるのは「多摩霊園」

漢字でみれば違いも判りますが、電話口ではどちらも「タマレイエン」を連呼してたわけですから
間違いに気が付くこともなく・・・。


かくして種を明かしてみれば、どうってことない単純なミスだったわけですね。
謎がとけてホッとするよりも、あんまりな理由に脱力してしまいました。
じっさいこの出来事から何年か経ち・・今では私自身、どっちの漢字のタマレイエンだったのか覚えてません。
紛らわしいですよね。



さて今日は小ネタでしたが
夏本番になったらほんとに怖い話でもかきましょうかね・・・。

posted by サムライX at 23:20| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

最近の女性芸能人の低俗さには呆れ返りますね・・・



話題づくりのために有名人に擦り寄るとか。

自分のプライベートを切り売りすることでしか話題を集められないとか。

過去のプライベートがマスコミに流れて地位を失うとか。


なんというか、呆れてしまいますね。

まぁ、過去の異性問題がマスコミにスッパ抜かれるのは、本人にしてみれば不可抗力ですから
別にそれはまだいいにしても。

過去の男性遍歴を本にして「自ら」出版するとか。
自分のプライベートを「自ら」マスコミにリークして火のないところに煙を立てるとか。

低俗かつ下劣にも程がありますね。

それらの女性芸能人には「芸能のスキルもなければ、品位もない」と軽蔑する以外にありません。

これらの低俗な行動で「なんとか芸能界に踏みとどまる」女性芸能人はどちらも30代の女性ですので
芸能界での成功を夢見る若い世代の皆さんには、ぜひ若いうちに一生懸命に努力をして
どんなスキルでもかまわないので、「実力」を身に付けて欲しいと思います。


自分が中年になって実感したことなのですが
好奇心さえ失わなければ、新しい情報やスキルを身につけることはできますが
唯一、若い頃のようにいかないのは「記憶力」や「情熱」の部分です。

記憶力も情熱も衰える前に、必死に努力して欲しい。
それが中年おっさんから、今の若い人へのメッセージです。



さてさて。

そんなおっさんの愚痴はこのへんにして。
ちょっと芸能界の裏話をしましょう。

某アイドルグループの運営の評判が、いま広告代理店の間でものすごく悪くなっています。

と言うのも。

今年の春先に運営サイドが「今度はこの女の子をいち押しで売り出すので協力お願いします!」と
広告代理店経由で業界人にお願いして回っていたのですが
ゴールデンウィークが過ぎた当たりから
「あの子は今後はウチ(運営)が面倒みるので、協力してくれなくて結構です!」と
いきなり手のひらを返してしまったのです。

この手のひら返しにはもちろん関係各社は怒りました。
「自分たちからお願いしておきながら、お金の臭いがし始めたとたん自分の所で(利益を)抱え込もうなんて虫が良すぎる」と言うわけです。

かくして某アイドルグループの悪評や、その地位を失墜させるネガティブインフォメーションは今後も
続発するはずです。


そして私自身も、まだ公にはなっていませんが、そのアイドルグループの某メンバーの悪い噂は
複数の関係筋から聞き及んでおります。


アイドル本人が反感を買ったわけでもないのに
運営が反感を買ったばかりに悪い情報がマスコミを通じて拡散してしまう訳です。

かつて「医者選びも寿命のうち」なんて格言が有りましたが
まさに「芸能生命を伸ばすも縮めるも事務所の選択のうち」と言ったところでしょうか。



今年はアイドルのプライベートスキャンダルがまだまだ続くと断言しておきましょう。
芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
にほんブログ村

ブログを書く励みになるのでよかったら上のバナークリックお願いします^^
imagepassbana200.jpg

芸能オーディション合格のための88の魔法のノウハウ




posted by サムライX at 16:50| Comment(4) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする