2012年11月29日

【短文】AVデビューの噂はガチだったらしい・・・【元アイドル】


今月の初めに週刊誌で話題になったあの人のAVデビューは
どうやらマジネタだったらしいです・・・。

2つのルートから別々に肯定する言葉を聞きました。

業界でメイクの仕事をしている人&業界の営業マンから。
「事実です」との話を聞いてしまいました・・・。


なんでもその筋から圧力がかかり発売中止に追い込まれない限りは
リリースされるとのこと。


むむ〜〜〜〜。


現役で頑張っている後輩たち可愛そうだなぁ・・・。。

先輩たちから看板にドロ塗りまくられてるものなぁ・・・。

他の芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ
posted by サムライX at 06:00| Comment(3) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

おっさんにできるのが過去を懐かしむだけだと思うなよ!刺激もあたえてやんよ。


ってなわけで。

若い人にはちょっと新鮮に映るであろう動画を紹介。

ツインドラムです。

ええ、ドラムが二人います。

意味わからないでしょう?リズムマスターが2人いたら大変なことになりますからね。

でもね、いいんですよ。

だって音楽は自由なんですから。

いいじゃないですかドラムが二人いたって。
それでリズムがぐちゃぐちゃにならなければ、それは表現の自由の範疇であるわけですから。


最近のJ-POPは「お金がない」ばかりに夢もなければ遊び心もないので。

若い人はこういう刺激に飢えちゃいますよね。







*コメントここのところ返せてませんが近いうちに返します。

posted by サムライX at 01:09| Comment(4) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

エヴァの劇場版新作みてきました。


ずいぶんと久しぶりに映画館へ。

入る前から妙に胸騒ぎがして落ち着かない。
2時間近くも1箇所にとどまり、視聴し続けなければい行けないという状況に
自ら飛び込むことに抵抗が。。。
なんかこう束縛されてる感が苦手です。

で、ソワソワしっぱなしもあれなんで。

酒に逃げる・・・という軟弱な作戦を決行。
ビール2杯のんでからいざエヴァの上映されるスクリーンへ。


んで感想なんですけど。
ネタバレにならんように書きますけど。
楽しみにしている人は読まないでください。






でわ感想なんですが。

え〜〜〜ネタバレしないように感想を書こうと思ったので
もういっそサッカー日本代表の試合風に書こうと思います。

試合開始前の公開練習(日テレでの予告編放送)ではコンディションの良さを魅せるアスカとマリ。
いやがおうにも試合での活躍が期待されます。
じっさい私、すごく期待してました。

が、しかし!

いざ試合が始まると会場に駆けつけたサポーターの度肝を抜く展開が。

なんと過去に例をみない超変則的なフォーメーションで試合が始まります。
「なんだか違うチームの試合を見に来てしまったような・・・」そんな異和感を持ちつつも
きっとこの変則フォーメーションには監督の考えがあるに違いないと・・・。
ひたすらがまん。

FWのハズなのに中盤の両サイドに下がったアスカとマリ。
ひたすら果敢に跳びだしてはゴール前にセンタリングを上げまくる。
でも点が決まらない。

それもそのはず。

ゴール前にはシンジもいなければトップ下にレイもいない・・・。

「監督は点を取る気があるのか?」

そう思うもやはりそこは長年のサポーターの愛情でグっと我慢。

きっとこのあと念願の大量得点シーンがあるはず!


えんえんと繰り返しあげられるセンタリング。
誰もそれに触らずラインを割るボール・・・。
ひたすら耐え、試合を見守るサポーター。

前半終了間際、ここまでずっと空気だった冬月がちょっとだけボールに絡む。
あわや1点か???というプレイを見せるも長年のファンにはさほど驚く程のプレイでもなく。

「ああ、やっぱりね。そうでしたか、そうでしょうねぇ」といったため息が漏れる。

ハーフタイム。

スラムダンクの1場面を思いだず。
「まだだ。まだ焦るような時間帯じゃない」
そう。
まだ後半戦がある!
そこでズド〜〜〜ンと行くに違いない。

いざ後半戦。

開始そうそう長年スーパーサブとしてベンチを温めてきたカヲルがついに動き出す。

しかし点に絡まず。

秘密兵器は秘密のままにしておいたほうが驚異・・・という教訓と
腐女子へのサービスを残し退場。

って気が付けばもう後半も残り少ないじゃないか!!!と焦る。

いやまだだ!
まだシンジとレイがいる!!

いる!
・・・・いる!

・・・・・いる・・・・

ピピ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

試合終了。

まさかのスコアレスドロー。

がっくりと肩を落とし会場をあとにするもの。
小首をかしげるもの。
まさかの無得点に茫然自失とするもの。

ああ・・この不毛感。
まさに事前に盛り上げるだけ盛り上げといて
いざ試合が始まったら1点も取れずに代表選がおわったあとの空気と一緒や!!!

すっごい楽しみにしてたのに
なんの見せ場もなく試合終了っていう・・・。
しかも監督のなぞの采配で試合の意図がぜんぜんわからないという・・・。

女性新キャラも試合ではほとんど空気だったし。


作画レベルとかさすがだったし、デザインワークも素晴らしい物があったのにねぇ・・・。
超変則フォーメーションの必要あったんだろうか??と。


あとすごく驚いたのが、試合の途中で席を立ち帰ってしまうサポーターが何人もいたこと。
最初はトイレか?なんて思ってたんですけど、結局最後まで戻ってこなかった。
きっと途中で帰った人は2回目の視聴だったのではないかと推測。
エヴァみたいな画面の情報量が多い作品は何回かみて気がつくことも多いですからね。
でも何度見てもスコアレスドローはドローだという。

え?ミサトさんとリツコさんですか?

いつもはボランチとして試合の舵取りと説明セリフを喋ってくれる彼女たちは
今回の試合では・・・う〜〜んって感じです。
すべては変則フォーメーションがいけないような・・・・。
このフォーメンションではほぼ空気でしたねぇ・・・。


そんなわけでもんのすごくストレスのたまる試合です。

参加した声優さんが「映画を見たあとには歌う気にも三三七拍子をする気もおきないと思う」って言葉は
真実でしたね。

多くの謎だけがのこった感じ。
ああ、そうかだから「 Q 」なのか。
posted by サムライX at 15:22| Comment(2) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする