2013年12月31日

俺も今年を振り返った方がいいような気がして・・・


なんかこのブログでリンク貼っている「高原しぐれ」さんのブログを読んだら。

ことし1年を漢字一文字で表しつつ、振り返っていて。

清水寺か!と思いつつも。

なかなかいいこと書いてあったので。

俺もこの1年を振りかえってみようかと思ったしだい。

なにしろ、今日だって普通にいつもどおり仕事をしている。
おせちもお雑煮も何も新年らしいことはしないだろう。

なのでブログで1年を締めくくるのは良い事なんじゃないかと思ったのです。

さて今年を漢字一文字で言い表すならなんだろう・・・・

戦、健・・・う〜〜ん。
毎年ケンカうってるしなぁ・・・
健康になったのはすごくありがたいけど、12月入ってからだしなぁ・・・


「攻」だろうか?攻撃。攻撃再開。全力攻撃。
うん悪くない。悪くないぞ・・・。

よし見えた!!!

今年の漢字は「俺」だ!

私ではなく「俺」

本来の自分を取り戻したという意味で「俺」

どうだこの肥大した自意識www

なかなか選べないだろう?

でもいいのだ。俺には実力がある。結果もだしてる。

「俺は俺様。邪魔する奴は叩き潰す!」という本来のスタンスに戻れた2013年は良い年ですな。


いろいろ手札も増えたし。
数年前から育ててた若手が結果を出すようになってきたし。
新しい戦略にのっとった新機軸もすべて結果がついてきた。

なんと良い年だったことか。


そうだ来年の目標をここで発表しておこう。


「常勝不敗」


いい!この中2病感がたまらんwwww
アラフォーのおっさんでこう言い切れるバカは他にそうそういないだろうwww

いくぞ〜〜〜〜やるぞ〜〜〜叩き潰すぞ〜〜〜〜!!!!
COOL JAPANを影で操るぞ〜〜〜
アプリとデータセンター利用して水面下で老人に引導渡す勢力を育てるぞ〜〜
華僑を利用してアジア圏で勢力のばすぞ〜〜〜〜

みてろクソジジィども!
利権からひっぺがして失墜させてやる!
うひひひひ

健康になった俺に怖いもんなんかあるかぁ!ボケェ!!!

ただひたすらに前に進むのみ!!!


諦めるのなんて心臓が止まってからで十分だ!!

posted by サムライX at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン仕事の人にはゲーミングマウスを強くオススメ!


ゲーミングマウス最高だよ。うん。

その名前のとおりオンラインゲーム用に開発されたマウス。

私が使っているのは親指側の側面にボタンが12個あるやつ。
あと上面のクリックボタン、薬指に当たる部分にも1個あって
人差し指、中指、薬指でクリック動作が行える。

これがねぇ・・・各ボタンにすきなショートカットを設定できるので
作業効率を最高にしてくれるんですよ!

コピペだって簡単だよ。
普通右クリックしてカーソルをコピーに合わせてクリックしてって動作が
親指で押すボタン1個で終了。

カーソルを動かす動作が短縮されるから時間も早いし、右手も疲れにくくなる。
もう手放せません。

値段は5000円〜〜ぐらいからある。

音楽制作、映像制作などなどパソコンで作業している人は
ぜひ1度「ゲーミングマウス」で検索してみるといいよ。
posted by サムライX at 11:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん俺が人生の中で放った1番カッコイイ?言葉はこれなんじゃないかという話。


業界に長くいるとそれなり修羅場も経験します。

ドラマのようなとか、フィクションのような場面にも何度か。

そういうのを乗り越えてきてるからこそ身につくオーラというか
覚悟があります。

なのでスタッフが100人いようと外国人ばかりの現場であろうと
「ここで1番えらいのは誰か?」ということを周囲に雰囲気で理解させて
指示をだすことに説得力が増すのです。


で、自分でも1番精神力をゴリゴリガリガリ削られたのがやっぱり人の生き死に関わること。

すごい精神的に不安定な子が昔私の事務所にいました。
すごい美人なのに。
男なんていくらでもよってくるだろうし。
普通の男では絶対に手におえないレベルなので、金持ちの男が寄ってくるだろうという外見。

なのにぜんぜん幸せそうじゃない。
最初に一目見た瞬間感じたことは美人だなではなくて「見てて痛々しい。ずいぶん生きてるのが辛そうな人だな」でした。
表面上はなんの問題もありませんって普通なんですけどね。
誰にも精神的に依存していないというか、心を許してないのですね。

「はて?この外見でここまで他者を拒絶するのも珍しい。いいよってくる男を適当に利用すれば楽して得する人生も簡単だろうに」
なんて思ったのをよく覚えています。

で、結論から言うと人格が完全にいくつかに分かれてる人だった。

で、周囲の人はそのことに誰も気がついてない。
みんなその外見ばかりに注目するから誰もそこまで内面を見ようとしない。

「普通の外見に生まれてれば、普通に生きれただろうに。かわいそうな人だ」と思った。

なので話しかけてウチの事務所に入れた。
私は君の外見でお金を稼ぐ。
その代わり君を近くにおいて、こころの問題を解決する手伝いをしよう。ということだ。

というか、本心は逆。
あまりにも辛そうだったからほっとけなかった。
外見でお金を〜〜なんていうのは周囲を納得させための後付け理由だ。

で、そっから人格を1つ1つ統合していって。
生み出された人格達に守られて奥に引っ込んでいた本来の人格を育てて。
ってやってたら3年ぐらい時間がたってた。
もちろんぜんぜん順調ではなくてそのあいだに何回も
自殺未遂をしては骨折やらなんやらで病院のお世話になってた。
そう、自殺未遂といえばかまってちゃんの行動というイメージだろうが
この子は本当に実行してしまってた。助かったのは運が良かっただけ。ほんとにそう。

この運が良かっただけというのは精神的にほんとうに来る。
もしつぎ運が悪かったら・・・という考えが頭から離れなくなる。
1分1秒が苦痛。この瞬間にももしかしたらと考えるから。
それが3年近く。

もう最初の数ヶ月で親御さんの気持ちを考えるとほんとうにやりきれなくなった。
普通に日常生活が送れない。どれだけ精神的に辛かったかと思う。
何しろ「仕事が終わって家に帰ったら娘は死んでいるかもしれない」という恐怖がある。
その恐怖と隣り合わせで日々を生きなければいけない。
家族なのだから距離を置くことも、関係ないと思うこともできない。
ただただ帰宅しては寝ている娘の胸がゆっくり上下しているのを確認して
「今日も生きててくれた」と安堵する日々の繰り返し。
どんだけの恐怖だろうと思う。

私はもう親御さん込みでなんとか楽に生きれるようになってもらいたかった。

で、ある時まさに彼女が飛び降りようとしている場面に私はいた。

でもかける言葉が見つからなかった。
もういっそ楽にしてあげたほうが彼女のためなんじゃないかと思う自分もいた。
恐ろしいことだ。
私もこの数年で疲弊してたのだろう。

ずいぶんと無言の時間があったんじゃないかと思う。

やっと出てきた私の言葉は
「そんなに死にたいなら死んでいい。その代わり、俺のために死ぬか、俺のせいにして死ね」

我ながらすごい事を言ったなと今ではおもう。

何百時間も話し合って、何百日も一緒にいて。
それでも救えないならしょうがないという諦めと。

彼女が死んだらきっと親御さんは自分を責める。娘を救えなかったと。
ならばせめて、親御さんが憎しみの対象を俺にすることができるように。
自分自身を責めてしまわないように。

もう俺にできるのはそれぐらいしか残ってないと思ったから。

ドラマなんかでは生きる意味を説くのだろうけど、そんなありきたりな言葉ではもう意味がないことは嫌でも理解してた。
それぐらい疲弊してたし、彼女の闇がそんなんではらえない事も嫌というほど理解してた。

でも「俺のせいにして死ね」という言葉は彼女の心に訴えかけるものがあったらしく。

ここからはゆっくりとゆっくりと良い方向に進み始めた。

それから2年ばかりがすぎて。

こんな事もあったねぇと笑い話で話せるようになった時に彼女に言われたのが
「自分が死ぬことに責任もってくれる人がいると思ったら、もうちょっと頑張ってみようかなと思えるようになったんです」と。

なんだかよくわからない理由なんだか、まぁなにしろ前向きに考えられたらよかったなと思った。

「あんな顔して、すごいこと言うから今思い出すと笑っちゃいますねw」と彼女は言う。

「あんな顔ってどんな顔してた?」

「う〜〜ん、なんかすごいめんどくさそうな顔してましたwww」

「めんどくさそうな顔してたのか俺・・・orz 」

「ドラマだったら最高の名シーンなはずなのに。すごく嫌そうにめんどくさそうな顔してましたよwww」

「いや〜〜・・・あんときは顔つくる余裕なんてぜんぜんなかったもの。腹決めたからね。どっかの誰かさんが20階のビルの柵の外にいるんだもんよぅ(ーー;)」

ここで話を聞いてた他のタレントたちがギョっとして私と彼女の顔を交互に見比べて焦りまくるので
私もおかしくなって笑い出した。

「二人共なんの話してるんですか???え??え??何??なんなんですか???」

「なんの話してるんだろうね?wwwwまぁ人に歴史ありってことだよwwww」

そう今では笑い話なのだ。
だからこうして書く事もできる。

彼女はその後、奥に引っ込んで成長を止めてた本来の人格を育てて
だいぶ肉体年齢と精神年齢が近くなり、うまく社会適応することができた。
たぶん今は幸せなはずだ。
年齢なりの悩みはあるだろうが、それはそばにいる人と解決していけばいいことで。
私がなにかすることはないし、連絡をとることもない。

親ばなれ、子ばなれは一人の人格が大人になる過程において必要なことだからな。
(恋愛感情だと思ってここまで読んできた人は残念でしたw)



私は今後もこの業界でいろいろな人と出会って
いろいろな話をして、いろいろな言葉をなげかけるだろうけど。

たぶんこの時に発した「俺のせいにして死ね」を超える言葉は出てこないと思う。

ま、所詮は俺とて人間一人。
だれかの一人の人生を変えることが1度でもあれば十分だろう。


さて2014年はやるぞ〜〜〜〜。
手札も揃ってきたし!体調も良い!!
いろんな所にケンカ売りまくってやる!!

ダムに小さい穴開けるとこまではやっておくんで。
あとは次の世代のみなさんが好きにすればよろしい。うむ。
決壊させるとこまでは私に期待しないでくれ。
そこまで優秀ではない。

posted by サムライX at 10:30| Comment(3) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする