2014年01月23日

忙しくて忙しくてもう・・・


へとへとです。

「へとへと」ってあんまり聞かないけど、もう死語か?



いやあの〜ほら先月、すごい勢いで仕事して、周囲に指示出ししてたのでね。
年明けからそれらのリアクションが来るわけですよ。

そのリアクションがドバ〜〜〜っと来たせいで
ブログ更新する余裕がないぐらい。


そりゃそうなんですよ。先月あんだけアクション起こしまくれば
リアクション祭りになるのは!!!

でもねぇ、俺は変なところでバカなので
こうなることをぜんぜん考えてなかったんですねぇwww

こういう部分で馬鹿な自分って別に嫌いじゃないのでいいのですけど。

はぁ体が重いorz

やはり胡麻をたくさん取れないと疲れが翌日に残るな。

胡麻を食べ忘れた翌日はかならず胡麻パワーの効果を痛感します。
posted by サムライX at 10:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

映像専門学校は行く価値があるか否か?



専門学校シリーズ?の最後は映像編集の専門学校。


もうこれはすごく明快なので結論を先に書きます。
「行く価値あり」です。

あのねぇ、ガチで就職率がほんとに高いのがこの映像系専門学校。
他の専門みたいに自社媒体に作品掲載してデビュー!とか。
そんな数字のからくり・・・つ〜〜か詐欺手法しないで
ほんとに卒業してすぐに業界に就職しやすいのが映像なのさ。

こう書くとすごいオススメの専門に聞こえるじゃん?

でもねぇ・・・世の中そんなに甘くない。

なんで毎年出てくる卒業生がすんなりと就職できると思う??

こたえはね、簡単。

上の人間がどんどん辞めていくから。

声優業界とは真逆。

上がどんどん辞めていくから常に人材不足。
そこで専門卒業生にもチャンスがあるというわけ。

なんで上の人間がどんどん辞めていくかっていうと、これも簡単。
単純に仕事がきついから。

この業界、3年続いたら「一人前」として認められます。

そう、つまり3年続かないで辞めていく人間がすごく多いんだ。
そんだけ大変な職業。

それだけに常に人材が不足しているから、専門の卒業生にも就職チャンスは多いというわけだ。

こう書くと今の若い人は「超ブラックじゃん」と思うかもしれない。

でもおっさんはそうは思わない。

「たった3年で1人前扱いされる職業なんて、なんてステキなんだ!!!」と思う。

だって考えてみな。レストランの料理人、美容師さん、各種公営ギャンブルの選手のみなさん。
どんな職種でもいいけどさ、キャリア3年で1人前って認めてもらえるプロ業種なんてそうそうないぜ???

だから俺は思うのさ。「手に職をつける。プロで食っていく覚悟があるなら映像編集人はおいしいなw」って。


まして今後この世の中で「映像コンテンツ」の需要がなくなると思うかい?
無くならない無くならない。
人間が外部の情報を取り入れる上での9割は視覚に頼ってる。
その視覚に訴え掛ける表現方法の「映像」が廃れるはずがない。

だから将来性は◎だね。まちがないなく。


はい、そんなわけで。

根性ある人間は映像専門学校行くといいよ。
学校選びのポイントはテープ編集が学べるかどうか?かな。
いまでもTVの世界ではテープが主体だからね。
デジタル編集しか学べない学校よりは、テープ編集も学べる方がいいと思うよ。

posted by サムライX at 02:19| Comment(1) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新途絶えてますがちゃんと生きてますよw


一般的なお正月休みの間も
私は仕事をしていたわけで・・・

休み明けからそれらのリアクションがわ〜〜〜っていっぺんに来たのと
若手のスタッフやタレントを食事に連れて行ったりで外出していることが多く。
パソコンの前にいれないのです。

まぁでもほら。

若手をご飯に連れて行ってあげるのはおっさんの大事な努めですし。
そんな時じゃないと悩みや疑問を聞いてあげれないですからね。
大事な時間だと思うのです。

お酒飲むの楽しいしw

14時ぐらいにタレントや作曲家を連れてお店に入って食事をして。
昼間ですけどビール飲むわけですよ私。ジョッキ5杯。

で16時に解散して。

17時からまた別のスタッフと居酒屋に行って。

いろいろと仕事の話をしながら、今後の展開とそれぞれの役目を説明しながらお酒飲んで
気がついたらジョッキ15杯ぐらいいってて。
時計も12時を回ってて。

さすがに20杯以上飲んでいい感じでフラフラしながら帰宅して寝るという。

非常に業界人らしい時間を過ごしましたw


お会計がすごい金額になっててお財布から紙幣がなくなったのは笑えました。
わ〜〜これじゃタクシーにも乗れないwwwって思いながら
寒い中駅から徒歩で帰ったおっさんです。

若い子はねぇお酒ガンガン飲めなくてもいいから。
お酒の席には同席したほうがいいと思うよ〜。

無理に飲ませようとするおじさんは相手にしなければいいし。
つか、酒飲めないのに飲まそうとする大人なんて絶対おかしい。
もしくは下心あるに決まっているんだから。

大事なのはその場所に・・・仕事の時間いがいでいろいろと話をできる場所に・・・いることなんじゃないかなぁと思うよ。


私の場合はやっぱり忙しくて、なかなか個別に悩みを聞くとかできないし。
まして相手が女性ならなおさら1対1での時間は作らないようにと警戒するし。

必然的に「みんなでご飯食べに行くか?何食べたい?なんでもいいぞ?」というセリフになります。

私はお酒飲めればいいわけで、焼肉だろうと回ってない寿司だろうとどうでもいいのです。
でもさすがにマックとか言われると「ちゃんと座って話せる場所にしようよ^^;」っていいますけどね。

ファストフードは周囲がうるさくて落ち着かないし。
周囲の耳があるので、あんまり具体的な話できないし。
あとほら、お酒置いてないし(ダメ人間)

まぁそんなわけで「お酒飲めないけど、お酒弱いですけど、一緒に言っていいですか?」とか言ってみたらいいと思う。

そこで「酒も飲めないのに」なんていうリアクションされたら相性が悪いってことで
さっさと諦めればいいし。

私のようにぜんぜん気にしないタイプの大人もいるし。

案外、相手がどんな人間か判断するよい質問かもしれんよ。


とにかく1番ダメなのはお酒がダメだからって交流のチャンスを逃すことだね。
この業界が人脈やっぱり大事だよ。
べつに無理におっさんに気に入られる必要はなくて。
同席した同世代の人達と「どんなことしてるの?」なんて会話から自分の目標を話して。
そうやって友達が増えるのは良いことだと思うんだよね。
その横のつながりから転がりこむチャンスもあるだろうから。

あとあれだよね。
若い子を食事に連れてくプロデューサーってのはさ。
やっぱりお金あるわけで、つまりは仕事のできるプロデューサーなわけだよ。
自分の生活で精一杯のプロデューサーなんかに付いて行ってもあんまりメリットないと思う。

なんか自画自賛みたいだけどね。

でも判断材料として頭の片隅に入れておくといいよ。

貧乏なプロデューサーなんて実力ないことの証明だから。

あと完全に個人的な思いだけど。
若い世代の子が横のつながりできて、いろいろ熱く夢を語り合ってるの見てるのは楽しいなぁ。
そりゃ酒がうまいってもんですよ。

だってカワイイんだよ、ウチの若手。
お寿司とかいくと遠慮して高いの頼まないのwww
正しい。じつに正しい若手の姿だ。
しかし、ならば私も正しいおっさんの姿を見せなければならない。
そこでどんどん注文する。
もうお腹いっぱいで食べれませんというまでなwww

おっさんはお酒と夢もって頑張る若手が大好きです!!


posted by サムライX at 01:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする