2016年12月23日

おっさん、久しぶりに緊張して手に汗をかく。


前回の更新からおっさんが何をしていたかというと。

新会社を設立しました。


10年ほど前から育ててきた若手がそれぞれ育ってきて。
特定分野では私の能力を超えるほどになり。

彼らのために法人があったほうがいいなということで。
新会社設立となりました。


そのさいに弁護士や税理士、投資家相手に新会社のビジネスモデルをプレゼンして欲しいと知人に頼まれてOKしたんです。

で、総務省のデータをもとに市場分析とか織り交ぜた「お堅い職業の人のためのプレゼン資料」を作って
いざプレゼン現場にむかったんですよ。

その時に久しぶりに緊張して手に汗書きました。

なにしろ10年以上ぶりのお堅い職業向けのプレゼン。



んでいざ会場につくと、個室に通されます。

大会議場とかじゃなくて個室。

嫌な予感ビンビンです。

で、まつこと数分。出てきたのは50代の男性がひとりだけ。
たいそうな肩書きをもつおっさんと1対1のプレゼン。

いやプレゼンですらないんだ。

この人はわざわざ俺が作ってきたプレゼン資料もサラッと目次に目を通しただけで見やしねぇ。
もうね、「目次に記載されてる事項を見ればアナタのビジネスレベルはわかるんですよ」といわんばかり。
じっさいそうなんでしょう。

結局、いつもどおり口頭でビジネスモデルの説明をしたんですけど、その間もうんうん、うんうん、ってまるで既に知っていることを繰り返し説明されているようなリアクション。

も〜ぜったいこの人、投資家とか資産家とか起業家をたくさん見てきた人じゃんって感じでした^^;

もうこうなると私はひねくれてますから。

なんとか目の色かえさせてやりたくなるわけですよ。ええ。


で、結果としてそれには成功したんですけども。
終わり間際にこのおっさんが自分の正体をあかしてきたんです。

おもわず「ですよね〜〜〜wwwそうだと思いました〜〜www」って最後にめちゃくちゃ打ち解けました。

やっぱ世の中、能力ある人にかぎって普通のふりしてるんだなぁと。

冴えない風体のおっさんにいきなり値踏みされたりしてひさしぶりに「大人の腹の底の探り合い」ができて
終わった時はテンションあがってました。

やっぱこう・・・隠居生活よりこういうやるかやられるかの駆け引きがある場面に身を置いている方が楽しいですね。

脳みそが若返った気がします。





う〜〜ん、なんか面白くない文章ですね。
やはりブランクか・・・なんか・・・わざわざ来てくれたのに・・・すまぬ。すまぬ〜〜!
文章力も使ってないとなまるんだね・・・。
posted by サムライX at 23:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする