2017年01月10日

初音ミクは何も悪くないんだけども・・・


とあるアイドル案件で30曲ぐらい候補曲を聴きました。

でもね、8割ぐらいは使えないの。

youtubeとかニコニコで初音ミクを使って作品を発表する作曲家がたくさんいるのは良い事なんだけど。

実際にアイドルの子が歌うときにさ、休符がほとんどないメロディーラインの曲を提出されてもさ。

なんだかなぁ・・・って思う。


いまってカラオケの精密採点でメロディーの譜割りが表示されるじゃん?

あれで、ボカロ登場前のヒット曲と、人気のボカロ曲を見比べてみるといいよ。

もうね、ぜんぜん違うから。 休符の間が。


8小説で8部音符2つ分しか休符のない曲を聞かされてもさ。

人間には肺活量って制限があるわけだしさ。
滑舌だって個人差あるもの。

無理無理無理。

そんなの「歌」じゃないから。

ボカロはね。エンタメのくくりの中で語られるものであって。
「歌」のくくりの中で語るべきものじゃないの。

プロのアーティストに曲提供しているボカロあがりの作曲家はちゃんとそのへんわかってるよ。

それがわかっているか、わかってないかが「プロ」としてやっていけるかどうかの分岐点。


でもさ、この問題点。

俺、何年も前にこのブログで指摘した記憶がある。


もう何年もたつのに情勢はあんまり変わってないな〜ってことにテンション下がる。

アイドル業界もそうだけど。

もう何年もむかしに確立されたフォーマットにしがみついて、よくもまぁどんぐりの背比べを続けるものだなと。


なんか革新的な手法なりアイデアなりで勝負する脳みそはないのかね?


だから俺は「バカばっかり」って言うのさ。


今ってもう「聞き手」側の方が耳肥えてるでしょう。

アイドルファンに限っては確実にこの数年で質が上がってるもの。
ファンの方がちゃんといろいろ経験して成長してるんだと思う。

ファンの耳が成長してて、アイドルを見る目が成長して。

なのにアイドル業界と楽曲提供者が数年前からたいして成長しないんじゃ。
そりゃ市場規模が縮小するのは仕方のないことです。

ラーメン業界みたいに、斬新なメニューで新規立ち上げ!みたいな土壌があれば
日本のアイドルカルチャーはもっともっと高い所へいけるはずなんだ。

アイドル嫌いの俺から見てそう見えるんだから間違いないよ。

世界に誇るアニメカルチャーだって、多種多様な表現方法で頑張っているのに。

アイドル業界とその音楽性ばかりが古臭いって。


なんかすげぇカッコわるいよ。


作曲家志望の若い皆さんにはもっと奮起してほしい。
ボカロは道具であって表現ではないんだよ?



あ!

そういやとっくに年明けてんじゃん!!!


みなさん、あけましておめでとうございます!

2017年がみなさんにとって、成長できる年であるといいなと祈っております。

私もいい年ですが今年は成長しますよ!努力して勉強して!まだまだ能力を伸ばします!

いっしょに頑張っていけたら嬉しいです!

posted by サムライX at 00:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする