2017年09月21日

安室奈美恵さんが引退ということに時間の流れを感じます・・・


安室奈美恵さんは日本人女性アーティストのTOPだったと思う。
それこそ世界基準で日本のエンタメを見たときに。

「日本には安室奈美恵がいます!」と一瞬の躊躇もせずに答えられるほどに。
引退なさるということで気がついたのは
迷わずにそう答えられるというのは「誇りに思える」という感情を含んでいたことに気がつきました。

ネガティブなことを言えば
今後の日本人女性アーティストのレベルは大きく下がるのだと思います。

安室さんが一人で背負っていたものは本当に大きいと思う。

でもお子さんを生んでからも体型とパフォーマンスレベルをキープし、トップを走り続けてきた苦労を思えば
引退が残念だとか、まだやれるはずだなんて気安く言えません。
お疲れ様でしたと心からいいたい。

やはり次の世代が台頭しないといけないと思います。

しかし昨今の大人数アイドルグループというトレンドから「個のパフォーマンス」のレベルは大きく低下していますから
なかなか難しいだろうなとも思います。


私が業界に入ったばかりのペーペーだった頃に一緒に仕事をさせてもらった時は
まだまだ本当に普通のお嬢さんで、プロ意識とかはまだ意識してなかっただろうに。
その後スターに駆け上がってからは、思い上がって勘違いすることもなく。
ストイックなまでに取り組んでいて。

売れたとたん天狗になる女性アーティストばかりだったので
こういう人もいるんだなぁと思わせてくれたものです。


さらにいえば安室奈美恵さんを取り巻く広告代理店やマスコミの動きを見ては
「なるほどファッションアイコンとしてブランド化を進めることで大きなお金が動くのだな」と
音楽と異業種をつなぐビジネス脳を育てるいい経験でもありました。

過去の記事でAKBさんを評して「担げる神輿がないと困る業種があるんだよ」と書きましたが
この思考に至ったのはまさに上記の経験があったからです。


もう25年もたつのですねぇ。
私もおっさんになるはずです。
感慨深い。

そういえば当時の安室さんのマネージャーだった方に20年ぶりぐらいに再会したことがあります。
別件プロジェクトで名刺交換をさせてもらった時に「君はもしかしてあの時の・・・」と言われて。
よくそんな昔の・・・ペーペーだった私を覚えてたものだなと、とても驚いたものです。
ちなみに私は名刺交換して名前を見てるのにぜんぜん思い出せなかったです。

先日の更新で10年ぐらい前に仕事したグラドルを覚えてて、その変貌に驚いたと書きましたが。
その逆パターンなわけで。

そうか、大人ってけっこう若者を見てるんだなと。
若い時は大人のことなんてあんまり見てなかったんだなと。

このブログ読んでる若い子のみんな。

大人はちゃんと見てるよ〜〜〜。
良いとこも悪いとこも、わざわざ口にはださないだけでちゃんと見てるよ〜〜〜。
posted by サムライX at 08:41| Comment(2) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

年をとるのも悪いもんじゃない!!!!


2010年ごろから期待してて育ててた作曲家がですね。

チャンスをつかみまして。

ええ、掴んだんですよ、ビッグチャンスを!

ものにしたんです!チャンスを!


バカな人間はチャンスをものにした人間をみて「あいつは運が良かっただけ」っていうんです。

私からしたらそれは

「チャンスが来た時にチャンスをつかめるだけの準備を日頃からちゃんとしてたんだな」なんですね。

だからうちの作曲家連中にも日頃から何度も何度も「ストック曲を増やせ!チャンスが来た時に曲がないと意味がないぞ!」って言い続けて。


今回、一番の若手だった作曲家が大作のテーマ曲をGETしましてね。

いやもう・・・どうしよう・・・酒がうまい・・・・。

「俺を信じてついてきてくれてありがとう」って思いました。
「やべぇ、なんだこの感情は・・・そうか、俺はこいつのセンスに嫉妬してるんだ」とかね。

もういろいろ感謝とでかした!と嫉妬が渦巻いてるのですけど。

とりあえず酒がうまい!!!!!!!


でもあれですよ、この作曲家とであったのが2010年。

感覚的には1年、2年なのに、もう7年もたってるんですね〜。


この7年を長いと思うか、短いと思うかは個人差あるだろうけど。
だれが見ても明らかなのは
音大にも行ってない。
専門学校にも行ってない。
そんな彼が7年間の地道な努力でチャンスをつかんだという事。



ああ、きょうはなんていい日なんだろう。




生きてきて良かった。


俺の人生は恵まれている。

若いころは悔し涙もいっぱい流したけど
それでもあきらめきれなくて20年以上たった。

それでも。

この若手が地道な努力の果てに、結果を出したことで
すごく幸せだ。


諦められる人はあきらめた方が幸せな世界だ。

だから
だからすごく嬉しい。


彼は自分の努力で

自分の未来を切り開いたんだ


彼を誇りに思う


posted by サムライX at 02:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

音楽のメジャーデビューとプロ漫画家としてのデビューの図式は似ているよ。


メジャーデビューに頼るなと書いておきながら。

肝心のメジャーデビューというものがどういう事かちゃんと書いてなかったので説明しようと思う。

一般的にはメジャーデビューとは「有名なレコード会社からCDを出して全国流通&DL配信される」ぐらいの認識なんじゃなかろうか。

一般人がこう認識しているのは、それで構わない。
でも音楽でプロになりたいと思っている人が、この程度の認識しかないなら
悪いことは言わないから、いますぐ音楽をやめたほうがいい。
プロになんて絶対になれないだろう。

プロ野球選手を目指す人間が「バットでボールを打って点をとれば勝ち」・・・その程度の認識でいるようなものだ。


さて本題。

少年ジャンプで連載されてた「バクマン」で描かれた漫画家と編集者の関係性。
これはそのままアーティストとメジャーレコード会社の図式に当てはまる。

編集者はディレクターであり
編集長はプロデューサーだ。


編集部に漫画を持ち込むのと、レコード会社にデモテープを送るのは同じことだ。

当然、そのデモテープはいきなりプロデューサーの耳には入らない。
まずは編集者・・・ディレクターの耳に入る。


そして定期的に開催される新人会議で、それぞれのディレクターが気になった新人の作品を持ち寄り。
社内で意見交換を交わす。

そうして会議に参加したディレクターのうち誰かひとりでも「私が担当したい」と手をあげれば・・・
晴れてデビューに向けて「担当者がついたデビュー予備軍」状態になる。

その後はバクマンで描かれているとおり、ディレクターとの意見交換を踏まえながら音楽制作をする。
さらには同じようにほかのディレクターが抱えているデビュー予備軍との競争もある。

そうした厳しい競争に勝ち抜いたとしても、いざ発売となれば人気と売り上げが全ての
さらに厳しい競争が待っている。
ジャンプが見込みのない新連載をバンバン切り捨てるように、レコード会社も同じことをする。

打ち切りになったアーティストの生活の保証は一切ない。

アナタはこの競争に勝ち抜く覚悟はあるだろうか?

もし「良い曲をつくればデビューできる」とか「ファンが増えたらデビュ−できる」と
戦略もなく漠然と考えているなら。

いますぐ違う生き方を選ぶことをお勧めする。

週刊でサイクルするマンガ誌とちがって、音楽業界のサイクルは長い。半年から〜3年ほどで動く。
それだけにあまり目立たないが・・・夢破れる挑戦者の数は同じぐらいいるんだ。


さて独自のダウンロード販売について。

これは漫画家志望者やプロ漫画家が出している同人誌に近い。
製作から販売までを自分でやるので「売れさえすれば」利益率はとても高い。

しかもコミケが無い分、わざわざ印刷代をかけることもない。
ダウンロード販売なら元データをつくるだけで、印刷代も在庫リスクもゼロだ。

だから言っている。

メジャーに依存するのは辞めろ。

自分の未来は自分の行動で切り開け。


がんばれよ。



posted by サムライX at 14:45| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする