2013年05月30日

アイドルと事務所の人間関係・大手事務所の場合


どうにも最近は、素人に毛がはえた程度・・・もしくは素人そのもののアイドル業界人が目に付くわけですが

今日はプロフェッショナルな大手芸能事務所さんの例をだしつつ

素人事務所との違いに着目して書いていきたいと思います。


まず大手さんだと女性マネージャーが存在します。

アイドルやタレントの性別に合わせて、同性のマネージャーがつくこともよくありますね。
小さなプロダクション・・・とくにアイドル・・・だと女性マネージャーや女性の団体代表者なんて
滅多にいないですね。
基本、小さいとこは代表者の男性がぜんぶ一人でやってることが多い。

なので女性のスタッフがいるというのはちょっとした基準になりますね。
ここは企業としてある一定のレベルにはいるなって安心感があります。

もちろんアイドルにも「年上の同性」という安心感は大きいでしょう。
男性が指摘できないデリケートな話も同性ならできるでしょうしね。


そうそう。
女性のマネージャーさんといえば、やはり脳の仕組みが男性と違うなと思った事なのですが
精神的に疲弊して壊れる人が圧倒的に少ない。
逆に言えば疲弊して業界を辞めていくのはほとんどが男性です。

このへんは「女性の恋は上書き保存」「男性の恋は別名保存」という恋愛の格言に
その答えがあるような気がします。

男性マネージャーはねぇ・・やっぱり過去に所属したアイドルやタレントさんのこと忘れないですねぇ・・・。

女性マネージャーさんは忘れるワケじゃないのでしょうけど・・・
気持ちの切り替えがうまいというか、脳がそうできているんでしょうね。
個体差・・・じゃないや個人差あってしかるべきなのに
みごとに女性マネージャーさんはみなさん気持ちの切り替えうまいですねぇ。

羨ましいかぎり。


さて女性マネージャーの話はこの辺で終わりにして。


つぎはそうですねぇ・・・・なにがいいですかねぇ・・・。

アイドルを「商品」として「管理」できるのが大手とも言えますね。
これは複数のマネージャーで分担してタレントを管理するので
そのぶんだけ一人あたりの精神的癒着が少ないという側面があります。
なので、小さい事務所ほどの心理的なつながりが生まれにくいぶんだけ
マネージャーの心理的負担は軽いです。
さらに所属タレントが多ければ尚更ですね。

↑これはマネージャーサイドにはメリットなんですけど
アイドルタレント側としてはデメリットに映るかもしれません。
「私のマネージャーは他の子ばかり熱心で、私のことは真剣に売ってない」なんて
不満を持ちやすい図式なわけですから。

そうそう、小さな事務所や素人事務所のタレントが
事務所スタッフの素人っぷりや能力の無さが原因で「失敗」するのに対して

大手事務所のタレントは「勝手に自分で道を踏み外す」のが特徴ですね。
ここは明確に差が出ますね。


なぜ大手事務所のタレントは自ら道を踏み外すのか?

それはやはりマネージャーとの人間関係が希薄だということも関係しているかもしれません。
「自分が軽率な行動をとったらどれだけの人に迷惑がかかるのか?」という部分が理解できにくいですから。
だからお世話になっているスタッフを社会的に窮地に追い込むスキャンダルを起こしてしまうのでしょう。

まぁこれは「商品」としてシステマチックに扱うがゆえの弊害なので
仕方のないことでしょうね。
起こりうる弊害を必要悪というのかもしれません。


次は育成部分について。

もうこれは圧倒的に大手事務所がすばらしい。
なにしろ売れてるタレント抱えてますからね。
その売れっ子が稼いでくれたお金を設備投資に回してますから。
綺麗なレッスンスタジオが無料で使えるとか。

所属タレントからレッスン代と称してお金を巻き上げる怪しい事務所とは大違いです。

*すごい余談ですけどホリプロさんは本社ビルの屋上にプレハブ小屋?みたいな15畳ぐらいの練習部屋あるんですけど、これがなんか会社の規模のわりにこじんまりしててちょっとカワイイのですw


なんといいますか、芸能プロダクションってサッカーのクラブチームに似ていると思います。
ビッククラブは育成環境が充実している・・・けども、育成枠ないでの競争が激しい。

はたまた弱小クラブでは練習上さえ満足に無くて。
優秀な指導者も存在しない。

うん、サッカーとか、野球でもいいですけど。
プロのチームと素人の草野球チームとの落差。
それはそのまま芸能プロダクションにも当てはまりますね。

あまり詳しくは知りませんけど、Jリーグって監督に免許制度があるそうなんです。
これってすごく羨ましい。
だって免許に合格しないと監督になれないってことは。
監督は最低限の能力が保証されているわけですよね。

芸能プロダクションにも免許制度があればなぁと思います。

だって、いまのアイドル業界は監督経験のない人間がたくさんチーム設立してますからねぇ。
「ど素人」を監督として信じて、消費されるアイドルがかわいそうですよ。

監督といえば、大手の事務所には「勝利の方程式」とか「チーム戦術」というものがちゃんと存在します。

いちばん極端な例をいえばジャニーズ事務所。
ジュニア世代から育成して、トップチームのバックダンサーで経験を積ませて、いずれはトップチームとしてデビューって図式がちゃんと出来上がっていますよね。


でも、小さな事務所はそんなもん存在しません。
完全に行き当たりバッタリ。
スタッフ側も素人なり、初心者ですから。
戦術なんてありゃしません。

その結果どうなるかというと?

オーディションの合格基準がすげぇ〜低くなります。

なにしろ指針となる戦術も方程式もないですから。
「この人材はウチのチームで活躍できるのか?うまく機能するのか?」という観点がありません。
ひどいところなんて「応募者全員合格」なんて所もありますよ。ほんとに。

AKBさんの研修生システムをそのままマネて。
研修生名目で所属させてる小さな事務所なんてたくさんあります。
ある意味、研修生名目で所属アイドルの数を増やすが最近のトレンドだとも言えますね。

AKBさんみたいにトップチームが華々しい活躍をしている上での下部組織、研修生ならわかるのですけど。
トップチームですら地下のライブハウスでチケットノルマすら満足に消化できないのに
そこの研修生ってなんだ???と思う私はおかしいのでしょうか?


大手事務所さんの中には部門分けをすることで勝利の方程式を複数持っている所もあります。
有名なところですとスターダストさん。
柴咲コウさんなどの女優部門と、ももクロさんなどの音楽出版部門、他にも部門はありますがこの2つがわかりやすいですね。

逆に部門わけはしなかったけど、所属タレントの適正に合わせて勝利の方程式を臨機応変に変化させてきたのがサンミュージックさん。

かつてはアイドル事務所でしたけど、昨今ではお笑い芸人さんの事務所として有名ですね。


このサンミュージックさん。
マネージャーさん達が「バーター」を持ちかけるのが非常にうまい。

バーターというと良い印象がないと思いますが・・・実際、私も少し前まではあまり良い印象ありませんでした・・・でもこのバーターといのは

売れてるタレントを出演させる条件として、セットで売れてないタレントを付けるってことなわけですが。

これってビジネスで考えると「あんまり売れてない商品で売上を立てる」訳ですからとてもまっとうな行為。
で、売れてないタレントさんにしてみたら「自力では出演できないレベルの番組に出演できる」というチャンスを貰えるわけでもあります。

「アイドルやタレントは商品」という観点で見れば。

このバーター。

とても良いシステムに思えます。

バーターがうまいサンミュージックというのは裏を返せば、売れてないタレント売ろうと努力している、売れてないタレントにもチャンスを与えている、会社の資産を有効活用しようと社員が努力している・・・わけですから。

ぜひ今後はバーターにたいするネガティブな印象を変えていただければと思います。
私も考えを改めますので(笑



ホリプロ、ジャニーズ、スターダスト、サンミュージック、ときて後はどこですかねぇ・・・

オスカーさんは以前のエントリーで書いたし・・・・

あ、オスカーさんはモデル事務所の側面も強いですが、「長期的な育成計画」は素晴らしいですね。
売り出す人材を10代前半から大事に育てて、15〜16歳ぐらいからど〜〜んと売り出すシステムが出来上がっています。
数年先まで売り出す子が決まっている(育てている)という事です。

あと、個人の素養を伸ばすためにチャレンジさせる社風があるのも良いですね。
いろいろな事にチャレンジさせてもらえる事務所だから、所属タレントも自分に何ができるのか?何がしたいのか?いろいろ考えることができるってもんです。
だから路頭に迷うことも、道を踏み外すこともない。
タレント自身が「自分というもの」をちゃんと知っているからです。
オスカー所属の女性芸能人に不祥事や、年齢を重ねたあとに道をふみはずすなんて事がないのは
これは本当にすごいことで、同時に素晴らしいことですよ。


う〜〜ん・・・他にも大手事務所さんの「長年の経験の中で洗練されてきたシステム」はいろいろあるのですが
あんまり褒めすぎるのもなんなので。
この辺にしておきます。

でわでわ。




posted by サムライX at 00:00| Comment(3) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり大手さんには大手さんなりの良さがしっかりあるのですな〜・・・。
何事も場数と言いますが長年第一線でずっと業界でやっているところは違うのですな〜・・・
勉強になりました!
Posted by たなけん at 2013年05月31日 23:14
長年どろどろの世界にまみれてこられたのでしょうね。お疲れじゃないですか?荒んでますよ、全体的に(笑)。

いつかお会いする事になるかも知れませんね。それでは。
Posted by 駆け出し at 2013年05月31日 23:45
ハロプロなんかは下の苦労がわからない連中揃いになっちゃいましたなぁ矢口ェ…


AKBはあのシステム他では無理でしょう大手の事務所も色々かかわってるのに自分とこの打算ばかりで動くあれでよく成功してると思います。
Posted by 名無し氏 at 2013年06月02日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。