2017年04月07日

映画「テラフォーマーズ」が思いのほか楽しめました。

55f3ab8e-s.jpg

映画「テラフォーマーズ」をWOWOWで見たのですけど。

公開当時の酷評とはうらはらにけっこう楽しめました。

で、肝心の「映画館でお金を払って見たとして損した気分になるかどうか?」
「視聴時間分の時間を無駄にしたと思うかどうか?」

これ2点ともクリアしてました。

いちおう原作の漫画を7巻だか9巻まで読んでますけど。

そのうえで上記の評価ということですね。


えっと原作のストーリーをなぞっている映画ではないので
別物です。
それも良かったかと思います。

尺に制約のある映画と、雑誌連載物ではメリハリのつけ方に違う方法論があるのは当然ですからね。

なんだか見てて楽しかった理由は
「おお、なんだ日本のCG技術もこのクオリティでエンタメできるんじゃん!!!」という
ポジティブな感情が芽生えていたからです。

例の火星の黒ゴリラ・・・Gが大っ嫌いなのであえてこう表記しますが・・・その黒ゴリラもね。
動くんですよ。ヌメヌメと。
ヌルテカ感はそんなでもないけど、ヌメヌメとは動くんです。

そのヌメヌメ感にCG技術の発展をみたといいますか。

ほらこれがカクカク動いたら途端にがっかりしてしまうけど。

動きはまったく気にならなかったです。

Gに感じる生理的な嫌悪感もなかった。

なんか筋肉ムキムキの黒ゴリラの集団。そんな印象でした。

公開当時はさんざんバッシングされた元AKBのシノダマリコ(漢字覚えてない)さんの演技の酷さも。
そもそもそんなセリフ多くないし。見せ場は昆虫化してCGだしで気にならなかったです。

ゆいいつ、最後まで違和感を感じ続けたのは
原作を映画用にアレンジしたシナリオでもなく。
CGのクオリティでもなく。

じつは小池栄子さんでした。

べつに小池栄子さんは嫌いじゃないです。テレ東のビジネス番組でもクレージージャーニ−でもよく拝見しております。

ただ・・・どうしても小池栄子さんは小池栄子さんでしかなかった。

あ〜〜〜小池栄子さんがセリフしゃべってるなぁ〜〜〜。
黒ゴリラと戦ってるなぁ・・・小池栄子さんが。

って感じで最後までまったく馴染めなかったです。

で、意外だったのが山Pですよ。

いい演技してましたよ。これまた公開当時の批判とは裏腹に。
セリフだけで演技しなきゃいけない場面でも違和感なかったです。


で、見終わってこれ書きながら思うのは。
残念だな〜と。

放映時のTVCMがもっと作品の良さを伝えていたら
興行収益ももっと上がっていたんだろうなと。

なんかコミカルなTVCMだったのでずいぶんと作品のイメージと違ったなと。

これだけクオリティの高いSF映画を日本の映画界は作れるんだ!!!って今回、目から鱗だったので。
興行収益で成功してほしかったな〜と思います。

こういうクリエイターが良い仕事した作品が正当に評価されなかったのが非常に残念です。

広報とかキャスティングとか脚本とかの部分ではやはりハリウッドレベルには届いていないのが、いまの日本の現状なのかな?TVドラマとか昨今酷いですからね。

でもCGクリテイターのレベルはぜんぜん世界で勝負できるんだな〜と。
教えてくれた作品でした。

posted by サムライX at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。