2017年04月26日

ほんと最近のアニメファン、アイドルファンのレベルは上がっているね〜


私が若い頃の声優ライブなんて、そりゃ〜もうひどかった。
ファンが会場で手拍子するんだけど、リズムがズレまくりでねぇ・・・。

会場内でリズムがぐるんぐるん回ってて、リズム酔いといいますか
気持ち悪くてしょうがなかったのだけど。

最近の声優ライブのお客さんはちゃんとリズムに合ってて
会場の一体感が素晴らしかったなぁ。

ファンの手拍子で時代は変わったな〜と思いました。

んで、アイドルファンは音楽そのものへの造詣が深くなってるね〜〜〜
昔のアイドルファンはアイドルソングしか聞かない人が多かったけども。

最近の子達は違うジャンルの曲もよく聞くようだし、youtubeとかね。
気軽にいろいろな曲に触れる機会が、昔とは段違いだものね。

CDが売れなくなって、過去の音楽ビジネスモデルが崩壊したことには
やはり業界人としてはいろいろ思うところもあるのだけど。

若い子達がいろいろな音楽に、お金をかけずに触れ合う機会が増えたのはおっさんとしては
非常にうれしかったりします。

時代がかわったのだから、お金儲けの方法も変化させればいいだけだしね。

それができない人間が多いのが音楽業界なので困ったもんですけどw

ファンを搾取するアイドルビジネスとか、声優を舐めてる声優志望者とか相変わらず大嫌いですけど。

それを取り巻くすべてが嫌いなわけではないのです。

純粋にファンの子達が笑顔になってる姿をステージ袖で見てるのは幸せだしね。
posted by サムライX at 12:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極端に言えば生まれる前の曲だって聞けますものね
金太の大冒険というお下品系言葉遊びの歌が私の中学時代に流行ったのですが、(私は20代)それの発売が1970年代に発売されたものと聞いて驚きました。リアルタイム世代の40代が驚いていましたね
いろいろな意味で魅力ある曲は残っていく時代になるでしょうね(いい曲とは言っていません)
Posted by ゆいぼ at 2017年04月28日 09:58
声優を舐めていると言っていいかは分かりませんが、某歌番組にて「歌える」声優になりたいと言っている人がいて違和感を覚えました。
声優は声の「役者」であり、歌いたいならアニソン歌手になればいいじゃんと思いました。
その理由で声優アーティストという言葉を聞く度にあまりいい気分がしません。
そういう客が一番お金を落とすのはよく分かっていますが
アイドル声優の存在自体は賛成です。
他にスポーツなどでもアイドル的な人気のある選手が出てくることによって注目が集まり、業界が活発になるからです。
Posted by ゆいぼ at 2017年05月09日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。