2017年09月05日

「空気が読めない」は治せます。人間の心理を読むことで正解を導き出すお話。


知り合いの女性から、とある外人ミュージシャンのシークレットライブについて調べて欲しいといわれまして。

でも世間的にはほぼ無名のプレイヤーなのでネットで検索しても情報がまったく出てきませんでした。

なにしろマニアックなジャンルなので情報が出てこなくても当然だなと。
最初は素直に諦めて「その情報は見つからない」と相手に伝えました。

すると相手の女性からの返信内に「(その情報を)知っている人が意地悪でおしえてくれない^^;」との記述が。

この一言がきっかけで目的の情報を見つけ出すことができました。

なぜ「知っている人」が「意地悪で教えてくれない」から正解にたどり着けたのでしょうか?

まず「知っている人」がいることから、目的の情報は「確かにネット上には存在する」することがわかります。
なのに探しても見つからないということは、「探し方が間違っている」ということですね。

次は「意地悪で教えてくれない」という相手の心理です。

教えてくれないとは「教えたくない」ということです。

これは2つの理由が予測されます。
1、教えないことで優越感に浸りたい。
2、苦労して知り得た情報を安易に教えたくない。

このことから目的の情報が「探すのが難しいクローズドな環境にある」と予想されます。

ネットで検索しても見つからない閉鎖的な情報環境とはどこだろう?と考えます。
答えはすぐに浮かびます。それは「SNS」の中ですね。

探す情報は外国人ミュージシャンのシクレライブですから。
Facebookが怪しいということになります。

そこでFacebookで探してみると1発で見つかりました。


とまぁ、このように何気ない一言からでもいろいろと読み取れるものです。

過去にこのブログで「私は相手の心理を読むのが異常に得意」と書いてきましたが
それはつまり「相手の発する言葉の真意を読み解くのがうまい」ということです。

「空気が読めない人」がいろいろと問題になりますが
この状態の人は、周囲の言動をちゃんと聞いてない、理解してないということです。
つまり、「空気が読めない」とは治らないものではなくて、意識すれば治せるのです。
相手の言葉をちゃんと聞く。なぜその言葉を選んで口にしたのかの考える。これだけです。

「自分は空気が読めない」と萎縮してコミュニケーションに苦手意識をもつ若い人がさいきん増えているようですが、「空気が読めない」とは感受性が低いとか、人の気持ちを理解できないとか、そんな漠然とした疾患のたぐいではなくて。
意識をしなければいけないポイントがズレてるだけです。
なので、意識すれば治ります。

大事なのは空気を読むことではなくて、相手の話をよく聞くことです。

気の利いたきりかえしができなくても、ちゃんと相手の話を聞く姿勢をみせれば嫌なやつだとは思われませんよね。
いいじゃないですか慣れない最初のうちは多少、無口になってしまっても。
「空気読めないやつ」と言われるよりも「口数すくないけどちゃんと話は聴いてるやつ」のほうが。

疾患ではないので特効薬はありません。
でもだからこそ誰でも治せるわけですね。

さてさて最初に書いた話のライン画面でも出しておきましょう。
後半、私が自分の商品価値を高めるために露骨な印象操作をしているので笑えると思いますよ。
自分がどう相手に写っているのかを意識的にコントロールするのは「プロデュース能力」に通ずるものがあります。
自分で行えばセルフプロデュース。他人にやればプロデュースですよね。
相手に何を売りたいのかを明確にすることはプロデューサー業の第一歩ですね。

0903.jpg

0902.jpg

ちなみにこのラインの内容も完全に戦略的に組み立ててますね。
相手の女性はビジネスパーソンなのでサムライXは頭が切れると思わせたかったからです。

「意地悪な人が教えてくれない」がヒントになったと
とてもヒントになりそうもないポイントをあえて明記することで
「そんな些細なことから正解を導き出すなんて!」と強烈に印象付けたのです。

こんなんどうでもいい相手なら「見つけたよ〜」ってコピペしたアドレスおくりゃ済むことですからねw

このように戦略的に印象操作をしてサムライXのブランドイメージを構築しているので
さまざまな新規案件や情報が相談として私の下に集まります。

私が芸能界、音楽業界で事務所や局やレーベルの垣根を超えて情報を知っていたり。
エンタメ系プロデューサーなのに幅広い業種に精通しているといった秘密はこれですね。

私は若い子に「したたかにがんばれ」と書いてきたので、その「したたか」がどういうものかを
今後も実例をあげてブログに書いてくから。
それがなにかアナタの参考になれば幸い。
posted by サムライX at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。