2017年11月22日

芸能マネージャーのSNS疲れが半端ない


芸能プロダクションのマネージャーのSNS疲れがひどい。
見ててかわいそうになるぐらい。

もちろん自分のSNSじゃなくて、所属タレントSNSを確認したりの作業で疲弊しているのだ。
ツイッターのみならずインスタやライブ配信系。
さまざまなSNSで露出をはかればはかるほどチェックしないといけない分野がふえるわけで。
炎上しないように神経を尖らせてて、疲れ果ててる。


毎回毎回チェックしても、黙って裏垢作られたらどうしようもないし。
まして私生活まで監視するわけにはいかないし。

それで不祥事でも発覚すればまっさきに責任を問われるのがマネージャーなわけで。

なんだかはたからみてて不憫でしょうがない。

相変わらず地下アイドルグループは乱立してるけども
大手事務所が近年アイドルグループから手を引き始めてるのは
マネージャーが担当したがらないっていうのが1番大きな理由だと思う。


それと副産物的に、「丸投げプロデュース依頼」が増えてきてる。
音楽活動はさせたいけど、そこまで手が回らないってマネージャーさんから
「お任せするんでお願いします!」ってのがね。

アイドルに曲を提供したい作曲家で、ブランドイメージからメディアプロモーション、DL配信まで管理できる能力がある人は、営業かけるにはいい時期かもしれないね。

そう!今の時代、曲を提供するだけではお金にならないと思う。
事務所側にCDリリースする体力もDL配信とプロモーションまでやる知識と人材が無いからね。

だから私のところに相談がいくつも来るのだろうし。

そんなわけで若い作曲家くんは自分の曲をダウンロード販売して
経験値を積んでおいたほうがいいよ。

曲作り、レコーディング、DL配信、宣伝・・・これらが一人でできれば仕事はドンドンくるよw

がんばってね!


posted by サムライX at 16:21| Comment(2) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近作曲家を目指す戦略として色々悩んでおります。
アーティストクラウドなどに曲を投稿しコンペサイトを活用していくのか。
SNSに投稿し、名を広めていくのか。
ココナラなどのサイトに力を入れるのか。
それとも自身がアーティストとなってリアルでがんばっていくのか。
作家事務所などに登録される事を目標とし、コンペに参加するのか。
私は自身の名を広めるのが先決と思い、アーティストクラウドや作家事務所方面が有力かなと思いましたが、
作家事務所の方に疑問を覚えております。
作家事務所主催コンペというのは多数の応募があります。300通などあるところもあるそう。
それに応募して果たして受かる確立はどのくらいなのか。
そしてゲーム実況者のフジという方がやっているバンドわくわくバンドがボルトのEDに抜擢されました。
ボルトというのはナルトの後継のアニメみたいなもので。その宣伝力は衰えてはいないでしょう。その上でわくわくバンドを使ったというのが、求めているのが世の中の人気力、とSNS上での発信力を求められてきたのかなと感じました。
実際の所全てに手を出すのが正解なのでしょうが、
果たしてどうしたらいいのかという所です。
Posted by ぼうし at 2017年12月08日 12:16
よくわからん業界人にああだこうだと言われるのが嫌だなぁ〜と思うなら、自分でやったほうがいいと思う。
作曲家事務所になんか頼るなってことだね。

あのね、作曲家事務所ってアニメ制作とかプロダクションから「曲制作の依頼」があって曲をつくるのね、つまりは「下請け企業」なんだよ。

そこに登録してる作曲家は「下請けの下請け」ってことだよ。

そんなん楽しいか?

俺はそういうのが性格的に合わなくて無理だから自分でインディーズレーベル作って、自分のやりたいようにやってきた。

いまはそれこそyoutubeとかで無料でいくらでも宣伝できるわけだからさ。
自分で好きなようになるほうがいいと思うよ。

自分のyoutubeのチャンネル登録数を増やすのが大変だなぁと思うなら、チャンネル登録数の多い人を味方にしちゃえばいいじゃないか。

したたかにな。がんばれよ〜〜〜!!
Posted by サムライX at 2017年12月10日 02:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。