2018年11月02日

御し難い・・・飼い殺しを嘆く前に知っておくべき価値観。



若い作曲家を育てることで思うのだが。


まったくもって御し難い。


若いと言っても年齢でいえば30歳。


来春のアニメのOPに曲が採用される直前で、怖気づいて逃げた。
プレッシャーに押しつぶされて逃げた。



昔から何度も書いてきたがこの業界で生きていくための指針として「覚悟のない奴はいらねぇ」というのがある。

ようはプレッシャーに負けて逃げる奴はいらないということだ。

肝心の場面で怖気づくなんて使えない人材だなとプロデューサーの私は思うのだが。
彼の気持ちもわからなくもないので、プロデューサーとしては「ありえん!」と切り捨てざるをえないが
人間としては、別に腹が立つわけでもない。

まぁ。しかたないなと。だけ思う。



さて、なぜこのような事を書いたというと、売れないタレントが良く口にする「私が売れなかったのは事務所のせい」理論に反論したいからだ。


人間だから仕方がないけど、どうしても大きな仕事の前では臆病風に吹かれて逃げるヤツがでてくる。
これはもうしかたがない。

しかし事務所としてはそれはで困るのだ。
事務所の信用問題につながる。

ではどうするか?

一人の作曲家に依頼するから、逃げられたらピンチなわけだから・・・
そうだ!複数の作曲家に依頼して、逃げられた所で困らないように保険をかけておこう!


事務所が倒産しないために、この方式をとりはじめるとその先はこうだ
「とりあえず事務所に所属させておこう。保険にはなるし。」


でも、所属した作曲家やタレントにすれば
「もっとちゃんと。その他大勢ではなくて私を売ってくれ」
という不満につながりやすい。


その心理もわかる。




だから上記の踏まえたうえで若者に言う。

「売れる前に、まずは事務所に信頼されろ!」


作曲家なら、締め切りは必ず守る。
タレントなら事務所のルールをちゃんと守って、ふしだらな生活はしない。


考えてみてくれ。

君が芸能事務所のスタッフとしてだ。

納期が守れない作曲家に仕事をふるか??
私生活が乱れているタレントに仕事をふるか???


トラブルの可能性があるのに?????????




芸能事務所のスタッフだって、それは仕事なのだから。

ちゃんと納期を守る。私生活がちゃんとしてるタレントの方が仕事のブッキングはしやすい。

当然だろう?




事務所に売り出す力も、仕事をとってくる力もあるのに。
ちゃんと売り出してもらえないと不平不満を抱いてるのなら。

まずは自分の日頃の行いを冷静に見つめ直すといい。


事務所のスタッフだって生活があるのだ。
問題をおこさない信頼できる人に仕事をたのみたい。


ごくごく当たり前の考え方だ。


他人のせいにしたほうが精神衛生が保たれるのだろうがな。

はっきりいうが売れないタレントには理由がある。

事務所が仕事をちゃんととってくる事務所ならば。

それでも売れない、売り出してもらえないのは、完全に自分の責任だ。


自分が売れない理由を他人のせいにしている方がそりゃ楽だ。

でもそれではなにも現実はかわらない。


自分には商品価値があると思うなら。


真剣に自分の将来を考えろ。

せいぜい人のせいにしてばかりで気がついたら年齢的にどうしようもなくなってた・・・なんてバッドエンドにならないようにがんばれ。


覚悟があるのならな。







posted by サムライX at 14:02| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。