2011年05月22日

ブルース・リーの息子さんの遺作映画

これといって芸能ニュースでもなければ

日本の芸能界の話でもないのですが

ちょっと懐かしい・・・思い出の曲を紹介させてください。



ブルース・リーの息子さん、ブランドン・リーが主演しながらも
撮影中の事故でなくなってしまい・・・



当時、最新の技術であったCG合成を使用して
なんとか完成にこぎつけた映画「クロウ〜飛翔伝説」


この映画のサントラがとてもすばらしく。


ナインインチネイルズやレイジアゲインストマシーンなどが参加していました。


そのサントラの中からお気に入りの1曲をここで紹介したいと思います。






J−POPほど起承転結がはっきりしている曲ではなくて
全体的にメロウな・・・退廃的な気だるさの漂う曲ですがそれがなんとも言えない味になっていると思うのです。



芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ





posted by サムライX at 08:34| Comment(0) | オススメリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

椎名へきるさんとINORANさんのライブで感じたこと



LUNA SEAのINORANさんが香港でソロライブを行った時に

自身のソロライブであるにも関わらず、LUNA SEAの名曲を披露しました。


香港のファンはLUNA SEAのライブに参加したことがある人は少なかったと思います。

待ち焦がれていたLUNA SEAメンバーのライブに会場に詰め掛けた香港人は
音楽を純粋に楽しみにしている人たちだったと思います。

当時はLUNA SEAは終幕(解散)していましたから。

INORANさんのライブでLUNA SEAの名曲が聴けるとは夢にも思わなかったでしょう。

この動画ではその驚きと感動がひしひしと伝わってきます。

歓声を上げることになれてない。おそらく大声を出すことになれてない。
でも、それでも叫ばずにはいられない・・・・純粋な音楽への衝動が、この動画にはしっかりと写りこんでいました。



この不器用でも、待ち焦がれた、憧れたアーティストの音楽に生まで触れることができた喜び。

この初期衝動に突き動かされた感情。


過去に声優としてはじめて日本武道館でライブをした椎名へきるさんを思い出しました。


このときの客席は全員で手拍子をうっていたのですが
その手拍子が、曲のリズムとずれていて、とてもへきるさんは歌いにくそうだったのですが
やはりライブになれてないけども、純粋な思いを手拍子にこめてくれた
客席からの熱いエネルギーに私は感動しました。



不器用でもいいのです。
どんな表現方法でも、感動した気持ちを表現してくれる。
そんな客席をみて、私はとても感動しました。

香港のファンのために、あえてLUNA SEAの曲を歌ったINORANさん。
その心意気に答えるかのように、必死に声をだす客席。

音楽の持つ力を再認識させてくれたと思います。

消耗品としての音楽CDがはびこる昨今ですが
ライブ会場での歌い手と客席の心の交流はなにものにも変えがたいと思います。



芸能ブログ 芸能裏話・噂をよむ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


imageauditionpass330.jpg

私のもつ芸能界成功ノウハウを限定公開します。
芸能界を目指している人にぜひ読んでもらいたいです^^


プロが教えるオーディションに合格する魔法のマニュアル
posted by サムライX at 02:16| Comment(0) | オススメリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

ネ申では無く、神のお話。あるいは鋼鉄の開拓者。





アキバ世代といいますか

ウィンドウズ世代といいますか


要するに「神」ではなく、「ネ申」な世代の皆さんには
おそらく新鮮に写るのではないかとおもうこのLIVE映像。


Judas Priest というヘビメタバンドの元祖です。

革ジャンにとげとげの鋲がついたイメージを作り上げたのが彼らです。

手塚治虫さんがいなければ、日本の漫画、アニメ業界の今が無いように。

彼らがいなければ、世界中で活躍するロックバンドが存在しなかったかもしれません。
大げさに思うかもしれませんが、事実なのです。


何しろこの映像で歌っている男性。
その年齢たるや60歳ですよ?
リアル還暦です。


アナタは60歳になって、メタルバンドを続ける体力ありますか?

すべてのロックバンドの始祖であり。
今なお生ける伝説。


それがゆえに彼らは「メタルゴッド」と呼ばれ続けているのです。



もしアナタが体力の衰えを感じたり。
自分の年齢を理由に、何かに挑戦することを
ためらっているのなら。
諦めているのなら。

60歳のおっさんが今なお、後進に進むべき道を照らすために!
気合でシャウトしていることを思い出してください。

おじいちゃんに負けていられないですよね?



posted by サムライX at 01:25| Comment(3) | オススメリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする