2017年11月22日

芸能マネージャーのSNS疲れが半端ない


芸能プロダクションのマネージャーのSNS疲れがひどい。
見ててかわいそうになるぐらい。

もちろん自分のSNSじゃなくて、所属タレントSNSを確認したりの作業で疲弊しているのだ。
ツイッターのみならずインスタやライブ配信系。
さまざまなSNSで露出をはかればはかるほどチェックしないといけない分野がふえるわけで。
炎上しないように神経を尖らせてて、疲れ果ててる。


毎回毎回チェックしても、黙って裏垢作られたらどうしようもないし。
まして私生活まで監視するわけにはいかないし。

それで不祥事でも発覚すればまっさきに責任を問われるのがマネージャーなわけで。

なんだかはたからみてて不憫でしょうがない。

相変わらず地下アイドルグループは乱立してるけども
大手事務所が近年アイドルグループから手を引き始めてるのは
マネージャーが担当したがらないっていうのが1番大きな理由だと思う。


それと副産物的に、「丸投げプロデュース依頼」が増えてきてる。
音楽活動はさせたいけど、そこまで手が回らないってマネージャーさんから
「お任せするんでお願いします!」ってのがね。

アイドルに曲を提供したい作曲家で、ブランドイメージからメディアプロモーション、DL配信まで管理できる能力がある人は、営業かけるにはいい時期かもしれないね。

そう!今の時代、曲を提供するだけではお金にならないと思う。
事務所側にCDリリースする体力もDL配信とプロモーションまでやる知識と人材が無いからね。

だから私のところに相談がいくつも来るのだろうし。

そんなわけで若い作曲家くんは自分の曲をダウンロード販売して
経験値を積んでおいたほうがいいよ。

曲作り、レコーディング、DL配信、宣伝・・・これらが一人でできれば仕事はドンドンくるよw

がんばってね!


posted by サムライX at 16:21| Comment(2) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

顔見知りのグラドルが整形しててじっくり観察しても別人にしか思えないほどになってたwww


いや〜・・・びっくりした。

プロフの名前はたしかに覚えがあったんだけども。
そこに添えられた写真はどうみても別人・・・。

きっと何かの手違いで写真がだれかと入れ違ったんだろうとおもって
近くにいたスタッフに名前検索で最近の画像を探してもらったら
間違いなくその別人の顔が出てくる出てくる・・・。

なにがあったんだ???って愕然とした。

ええ、なんでこんな顔になるの???
記憶の中の顔とまったくつながらない。面影や片鱗がない。
別人が芸名を引き継いだと言ってもらえたほうがぜんぜん納得の変貌。

つかどう考えても君もう30歳過ぎのはずだろう???
顔だけは商品価値あったんだから引退して幸せなアラサーライフを送っててもよかろうに。
なぜいまだに活動してるんだ???




生き残ってるねぇ・・・・。

生き残ってるねぇ・・・・。



むむぅ。

しかしなぜ俺はこんなに動揺してるんだろう?
10年以上前に1度仕事しただけの関係なのにだ。

性格の良い子だったからどっかで幸せになっててほしいと思ってたのか

はたまた

顔は良い子だったから「どうせ25歳ぐらいで業界に見切りをつけて金持ち男と結婚すんだろう」とたかをくくってたからか。

それとも

顔と名前が一致しない事態に脳が混乱しているのか。

もしくはその全部の理由でか。

集中力の糸が切れて仕事が手につかなくなってしまったwww

どこをどうイジったらあの顔がこの顔になるのかも理解できないから脳がフリーズしてる。

日本や韓国以外で整形したんだろうか?
だとしたら術式の違いから理解できない変貌もありえるか・・・。

つか昔の知人が、別人の顔になって現れるってなんかミステリー映画とかサスペンスドラマみたいなシチュだね。

そんなの本当に体験したら動揺するのも当然か。


し、仕事が・・・仕事が・・・手につかない・・・orz
posted by サムライX at 10:33| Comment(2) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

「にょへる」という新しい日本語の誕生に立ち会った話。


顧問先の芸能事務所はビルの3階にある。

1階のエレベーター前に4〜5人並んでいたので階段であがる事を選んだ。

そして3階へつくと。

3階のエレベーターホール前で、ひとりの若い女の子が「珍妙な」動きをしていた。

例えるなら・・・

アフリカの奥地の民族が大地の精霊を降臨させるために捧げる踊り。とでも言おうか。

日本やアメリカのカルチャーから発信されたダンスの動きではない。

それもう「変」というレベルではなく「珍妙」な動きだ。

「何やってるの???^^;」

10秒ほど眺めててもその子は私に気がつく素振りがないので声をかけた。

次の瞬間である。

「にょへっ!!!」



アニメキャラなどで変な単語を口にするキャラは多い。

が、心からの驚きの表現で発せられたこの言葉は重みがちがう。

珍妙な動きを人様に見られたショックと恥ずかしさから溢れ出た心の叫び。

それが「にょへ!」なんだろう。

実におもしろい。
しかも、よくみたら訪問先の事務所のタレントさんだった。

おそらく私の推測では「なんでそこにいるんですか?と「変なとこ見られた!」が
混ざり合い、とっさの事で舌が回らなかった結果が「にょへ」なんじゃないだろうか?

赤面して珍妙なポーズのまま硬直するその子に声をかけた。


「・・・・にょへってるの?w」

この言葉でその子はブハっと吹き出ししつつ硬直がとけた。

違うんです違うんですと、必死に無駄ないいわけをするこの子に。

「ほほう・・いまのが伝説の(にょへダンス)ですか。いやイイモノを見せてもらったw」

「○○ちゃんが、にょへ使いだとは知らなかったよw」

「まさかね〜〜、現代の日本で伝説のにょへ使いにお目にかかれるとはおもわなかったなぁwww」

私のサドっ気にスイッチが入った。

羞恥心に追い討ちをかけるセリフの合間合間にも必死に言い訳を挟んでくるが
無視して事務所の扉をあける。

「お疲れ様で〜す。あ、マネージャーさ〜〜ん、いま○○ちゃんがエレベーターホールで珍妙な動きをしてましたよ〜〜!!」

直後に「いぃや〜〜〜〜〜!」って悲鳴に近い声が後ろから響いてきて心地よかったです。

以後、私のなかでは変な動きの事を「にょへる」と表現することにした。

みんなも使っていいからね!!
あとみんなもにょへってる時は周囲に気を配ろうね!
おじさんとの約束だよ!




posted by サムライX at 11:27| Comment(1) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする