2017年12月25日

最近の若手作曲家にいいたいのだけど・・・50曲聞いて感じた傾向から。


私はおっさんなので最近のアニメとか動画サイトでの人気の曲とは基本的に耳に入ってきません。

なので定期的にコスプレイヤーの子達にお願いして
流行りの曲をまとめてもらって、まとめて視聴することでトレンド感を鈍らせないようにしているのですが・・・


数年前に「ボカロ世代の作曲家は休符の使い方がヘタ」と書きました。
もうひたすら早口でダダダダダっと歌詞を並べ立てて、息継ぎするための休符がぜんぜんない曲が氾濫した時期がありまして。

最近でこそそれらの傾向は減ってきました。

これはそれらの作曲家が数年間で経験をつんで、休符を使えるようになったからだと思います。

で、本題の2017年の傾向なんですが「ノイジーなシンセ+ロリ声歌手」です。

いやね、たしかにEDMブームとかで低音重視のオケがあるなら
そこに高音域の女性Voを載せたら音の分離がいいから、それなりにかっこよくは聞こえるんです。
ミックスが下手でもそれっぽく聞こえます。

だから、アレンジのアプローチとしていいんです。
オタクはロリ声好きでしょうし。

問題はオケなんですよ。

むやみに音色と音数を増やすな!!!!


重低音の迫力とか、シンセリフのビート感とかを出すために
安易に音数増やすことで表現しているのが多すぎる。

爆音高速ノイズインダストリアルを20年以上も聞き続けるこのおっさんが頭痛くなったよ!
まさか音楽聞いてて頭痛がしてくるなんて夢にも思わなかった。

音数を増やせばそりゃね、バカでも迫力でるんですよ。
でもね、それって自己満足なの。

いいかい?
なぜ近年、秋元さんがAKBや坂道系列で昭和歌謡みたいなアレンジの曲を発表してるかわかるかい?
正確に言うと、近年ではなく「ボカロ曲ブームがひと段落してから」だな。

若者の耳がボカロから始まった高速ビート路線に疲れてるからだよ。

その中でも比較的EDM色の強い欅坂さんの不協和音だってメインのシンセリフ以外の装飾音は多くはないし
それらの装飾音が登場するのはちゃんとVoの休符部分や間奏だ。

間違ってもメインリフ以外の音がVOにかぶさる形でAメロからガシガシ鳴り続けたりしない。



音楽で飯を食べていきたいなら、流行りのエッセンスを取り入れるだけではダメだ。

実際に商業的に成功してたり、年収で数億を稼ぐような、数万人を熱狂させるような海外のトラックメーカーの音源をちゃんと聞いてみればいい。
そんな無闇やたらに音数増やしてないから。

アニソンの曲に関してはまぁ、作曲家とアレンジャーが別なこともよくあるから、致し方ないにしても。

動画サイトで自分で完成系までもっていって発表している若い作曲家は
ブームのエッセンスを抜き出すのはすごくいい。
でももう1歩踏み込んでほしい。
その路線で成功している人の音源分析もぜひやってみて欲しい。

そこにも成長する要因がきっと見つかるから。

その部分をちゃんと学んで、自分の作品に生かせたら。
きっとチャンスは向こうからやってくると思う。

動画サイトで作品UPしたり、事務所にサンプル送ったりしてもなかなかチャンスがやってこないのは。

アナタに運がないとかではない。

アナタに足りてないものがあるからだ。


たとえば、パソコンで作曲して、その曲をUPするまえに
1度自分でイヤホンで聞いているだろうか?
ヘッドフォンで作曲してるなら、コンビニで売っているような安いイヤホンで聞いてみただろうか?

自分の作曲環境にあるスピーカーで視聴しただけで、世に出してはいないか?

アナタが若者向けの曲を作っているのなら、今時の若者はほとんどがスマホ経由でイヤホンで音楽を聞く。
その環境でちゃんと自分のミックスレベルを確認しただろうか?

プロの世界ではこの「再生環境の違い」はレコーディングエンジニアや私のようなプロデューサーが気を使う部分なのだが、素人のうちは自分でやらないとダメだ。

じゃないと「その他大勢の作曲家志望」の一人で終わる。
抜きん出るのは難しいだろう。

それともう一つ。

アナタの曲は、仮にピアノやギター1本で演奏しても良い曲だろうか???

シンセの音、高速なマシンビートがなくても、良い曲だろうか???

はたまたボカロじゃなくて、人間が歌っても良い曲だろうか???


公開している楽曲本数が多いのは良いことだと思う。
相乗効果でアクセスが増えるからね。

でも、そこから更に1段階上に進みたいなら、「聞き手の立場」で考えられるようになろう。
そうしたらまた新しいリアクションやチャンスがくるからね。

・・・って上の文で締めようと思ったけど。

最近の若者は素直な良い子が多いから(←皮肉)もうすこし言葉をたそう。

いいか、聞き手って別にお客さんだけのことじゃないぞ?

アナタ以外のすべてが聞き手だ。

つまり「業界人も聞いている」ということだ。

エンドユーザーの聞くポイントと
業界人の聞くポイントは違うからな。

さらにいうなら「同じ立場のライバル」も聞く。
オリジナルを作ってくれる作曲家を探している「歌手志望」の子やグループも聞く。

ここまで書いたらもうわかるな?

アナタが望んだ理想の未来から逆算してアプローチを変えるといい。



まちがっても基本的に「1分30秒」しか視聴されないインパクト重視のアニソン傾向だけでトレンドを判断してはいかんよ。


がんばれよ!
したたかにな!
posted by サムライX at 11:17| Comment(2) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

もう1度バブル景気のようなのが来る気がする。後押しするのはあのアプリ。


最初に感じたのは9月。

アメリカの景気動向や世界情勢をみて、ふと「あれ?これ好景気くるんじゃね?」とおもったのです。


で、その後も日本の有効求人倍率とか細かいところでも「景気良くなりそうだなぁ」と思うことがしばしば。

先週、そのことを某広告代理店の部長さんに言うと
「こないこないwww」と一笑にすまされた。

そうかなぁ・・・俺のこういう予感は当たるんだけどなぁ・・・。

そんなモヤモヤを抱えつつ、今、テレビ東京のビジネスニュースみてたら
今年のクリスマス商戦はバブリーな高額商品、高額サービスが盛況なんだそうだ。

番組内では語られなかったけど、気がついたことがある。

バブルを知らない若者は堅実思考でお金を使わないというのがビジネス界の通説なのだけど。

高級ホテルやディナークルーズの盛況ぶりを聞いて気がついた。

「インスタ映え」をするサービスやスポットが高額でも売れてるのだ。

TVの中では解説者が「今の若者は情報を吟味して、納得のいく物にお金を払う」と説明してたけど
ずいぶん浅い考察だ。
肝心の「なぜ納得したのか?」をスルーしているのだから。

私が思うに、きっと今の若者はバブルのときのような「成金」的なお金の使い方ではなくて
インスタでリア充アピールできるような事にお金を使うのだとおもう。


今どきの女の子がインスタ映えするデートに好意的ないじょうは
男子はそこにお金を使うということだね。

「インスタ映えバブル」とでも言おうか。
そんな好景気が日本を包む日が1年後には来てるかもしれないね。

posted by サムライX at 23:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

親の心、子知らずとはよく言ったもので。


先日のこと長年育ててきた作曲家が私の逆鱗に触れた。

半年ほど前から注意、指導してきた事を改善せず。
あげくそのことで問題が発生したにもかかわらず、私への報告は後回しで
友人とラーメンを食べにいくしだい・・・。

ずいぶんと舐められたものである。
私が大嫌いなのは、舐められるのと、同じことを何度も言わされることだ。


さすがに日頃は温厚な私も「ああもうこいつだめだ」と。

「はい、もう君いらない」と切り捨てることを宣言。


これに大騒ぎしたのは周囲のスタッフや広告代理店の重役たちだ。

なにしろこの作曲家は私の「右腕」と周囲に評価されている。

じっさい右腕だ。

その右腕を私が自ら切り落とすと言ったものだからさあ大変。

たくさんの人から「思いとどまってください!私からちゃんと言ってきかせますから」と言われた。

「言って聞かすとはなんだ?俺が何度も何度も指導してきて改善しないやつだぞ?いまさら信用できるか!子供のあそびじゃないんだぞ!あいつには覚悟がたりん!」と言い返した。

で、結局、私の父親と同じ年の広告代理店重役さんまで登場して私に頭を下げてくるしまつ。
「彼にもういちどチャンスを与えてあげてください」と。

父親と同じ年にこんなんされたら、私だって引かざるをえない。
ここで引いたことに「俺も大人になって丸くなったな〜」と思う。

過去にはCDがいよいよ明日発売ってタイミングで発売中止にした事もあるぐらい
私は「こいついらない」と思えば、自分がどんなダメージを喰らうことになったとしても切り捨ててきたから。
実際、前日に中止ともなればそれはもう大変なのだ。
流通問屋にも販売店にも謝罪して、レーベルとしても信用にも傷がつく。
それでも私は断固として切り捨てて来た。

私がそういう人間だと知っている周囲の人間が
それでも「彼にもう一度チャンスを」と食い下がってきたのだから
彼は幸せ者だ。

親離れ、子離れ、という言葉が頭をよぎる。

彼は私の右腕として長年そばにいたから、どうしても甘えがでるのだ。
今回の件も、本人はまさかこんなおおごとになるとは、自分が私の逆鱗にふれるとは思ってもみなかったフシがある。

親離れという意味で、すこし距離を置いてみようと思う。
彼との連絡は間に別のプロデューサーをおいて。
私と直接やりとりはできないようにした。

もちろん裏をかえせば、私の子離れのためでもある。
どうしても彼に対する期待から「なんでこんな簡単なことができんのだ!」とイライラしてしまう。

私の体が動くうちに、私の名前が業界内で力をもつうちに・・・彼を一人前に育てなければという責任感も、過度のプレッシャーを彼に与える原因になりうる。

べつに彼が一人前になるのが大事であって、私が指導することが大事なわけではない。

今回の件はよいきっかけだろう。


こんなこと書いてる今だって、彼はちゃんと私を思いとどまらせるために奔走してくれた周囲の人たちにお礼を言ったのだろうか?とか気になって仕方がない。


これでキチンとお礼を言ってなかったら・・・また激怒してしまいそう・・・いや激怒するな。

ってことで、いまは距離をおくほうがいいのだ。

俺の庇護がない状況で頑張ってみればいいのだ。
それで業界を去るならそれもまた良し。
しょせんはその程度の人材だったというだけのこと。

成長して一人前になるならそれもまた良し。
多くの人の心に届く曲を世にはなってほしいものだ。



posted by サムライX at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。