2017年12月10日

若手ディレクターとクオリティについて、ああだこうだともめるwww


とある新人Voの録音を担当したディレクターが
今回のレコーディング音源はNGにしてレコーディングしなおしたいと
恥知らずなことを言ってきて笑ってしまった。

プロの世界ではこんな恥知らずなことはない。

例えるなら、レストランの料理人がだ。
用意された食材で客に提供するレベルの料理を作れなかったから
レストランオーナーに再度、食材を入荷(当然、それにはお金がかかる)してくれと頼んでくるようなものだ。

これがどんだけ恥知らずなことで、プロと呼べるものではないということがお分かりいただけると思う。

甘いなぁと思う。

そりゃあね、コストを考えずに味だけ追求するなら、美味しいもの作れてあたりまえなんですよ。

でもね、そんなんは有名料理人になってから言えと思うのです。

世界中の料理人が100%満足できる食材で料理してるわけないじゃないですか?

みんな自分に与えられた食材、選べる食材のなかで、美味しくしようと頑張っているわけです。

ミュージシャンはプロ、アマチュア問わず「クオリティ」という言葉に逃げます。

こだわるとは言いません。

逃げるのです。

結果がすべてのプロの世界において、クオリティという言葉を大義名分に。

結果をだせない現実から逃げるのです。


はっきり言いますけど、下手でもクオリティが低くてもいいから、行動を起こしなさい。

アクションを起こしてもいないのに、リアクションを期待するのは子供の遊び。

いま自分が置かれている現実が、願ったものでないなら。
まずはアナタが変わりなさい。

アナタが変われば、アナタをとりまく現実は変わります。
もちろん未来も。

願った未来を手にするのは、運がいい人とかそんなんじゃなくて。
願った未来を手にするのに値するアナタになった時です。

現実なんてものは、後からついてくるんです。いつだってね。


クオリティにこだわるのは、有名になるか、大金を手にしてからで遅くないです。

有名な料理人は、有名になる前から、高級食材が使えるようになる前から
厨房で自分にできることを必死にがんばって1流になったのです。
失敗することも。
クレームを言われることも。
悔しいおもいも、痛い思いも。

全部乗り越えて、1流になります。

クオリティという言葉に逃げないで、行動をおこしてください。

行動にさえ起こせば、かならず応援してくれる人は出てきます。

もちろんマイナスな言葉を投げてくる人も出てきます。

だけどもプロになりたいのなら。

マイナスな言葉をおそれて殻に閉じこもるのではなく。
応援してくれる人が出てくる方法を選んでください。


その時にアナタが選ぶんです。

マイナスな言葉を投げかけてくる無責任な誰かの言葉を信じるか。
自分では満足いってない作品でも応援してくれる人の言葉を信じるか。



夢はかなわないという大人がいるなら「はいはいそうですね」と聞き流せばよい。




俺は言う。

夢は叶うんだから行動を起こせ。

posted by サムライX at 02:23| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

芸能マネージャーのSNS疲れが半端ない


芸能プロダクションのマネージャーのSNS疲れがひどい。
見ててかわいそうになるぐらい。

もちろん自分のSNSじゃなくて、所属タレントSNSを確認したりの作業で疲弊しているのだ。
ツイッターのみならずインスタやライブ配信系。
さまざまなSNSで露出をはかればはかるほどチェックしないといけない分野がふえるわけで。
炎上しないように神経を尖らせてて、疲れ果ててる。


毎回毎回チェックしても、黙って裏垢作られたらどうしようもないし。
まして私生活まで監視するわけにはいかないし。

それで不祥事でも発覚すればまっさきに責任を問われるのがマネージャーなわけで。

なんだかはたからみてて不憫でしょうがない。

相変わらず地下アイドルグループは乱立してるけども
大手事務所が近年アイドルグループから手を引き始めてるのは
マネージャーが担当したがらないっていうのが1番大きな理由だと思う。


それと副産物的に、「丸投げプロデュース依頼」が増えてきてる。
音楽活動はさせたいけど、そこまで手が回らないってマネージャーさんから
「お任せするんでお願いします!」ってのがね。

アイドルに曲を提供したい作曲家で、ブランドイメージからメディアプロモーション、DL配信まで管理できる能力がある人は、営業かけるにはいい時期かもしれないね。

そう!今の時代、曲を提供するだけではお金にならないと思う。
事務所側にCDリリースする体力もDL配信とプロモーションまでやる知識と人材が無いからね。

だから私のところに相談がいくつも来るのだろうし。

そんなわけで若い作曲家くんは自分の曲をダウンロード販売して
経験値を積んでおいたほうがいいよ。

曲作り、レコーディング、DL配信、宣伝・・・これらが一人でできれば仕事はドンドンくるよw

がんばってね!


posted by サムライX at 16:21| Comment(2) | アイドル裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

SNSには過去に活動してたバンド名も明記しといたほうがいいよ。


メジャーデビューしてなくても。

デモテープを作るレベルまでの活動をしたなら。
たとえそのバンドが解散したとしても
過去のキャリアとしてSNSなどには明記しておいたほうがいい。


なぜかというと

いざ連絡を取ろうとしても連絡先が見つからないのだ。

こっちもプロなので、デモテープを聞いて「良いな」と思っても
その時かかえてる案件や経営方針、得意のジャンルかどうかで判断するから
すぐに連絡するってことはほとんどない。

売り出す戦略もないのに、無責任に声をかけるなんてのは2流3流、もしくはエセプロデューサーのすることだ。

飼い殺しなんて若者に失礼だ。



おっと話がズレた。元に戻そう。


こちらはやはりプロなので1度聞いて「良いな」と思った声は覚えてるもので。

しばらく時間がたってから
「今回のテーマ曲、あのバンドのボーカルの子が声質的に似合うな。いま何してるんだろう?声かけてみようかな」ってことはたびたびある。

そこで検索しても見つからないのだ。

見つけることができたらチャンスを与えることができたのに。

こうなると残念でしかたがない。

結構、真剣に探すんだよ??
SNSはもちろん、バンド名や曲名でyoutubeも探すし。
ライブハウス関係者にたのんで、だれか動向を知っている人がいないか確認したり。
過去に出演してたライブイベントのHPからリンクが生きてるかさがしたり・・・。

それでも見つからないから。
もう音楽あきらめちゃったのかなぁ・・・と、しぶしぶあきらめるのだ。


ということで。

デモテープを世に出したことがあるなら、そのキャリアは明記しといたほうがいいと思う。

どこで繋がるかわからないからね。


posted by サムライX at 11:04| Comment(0) | 音楽業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。